僕がどこかで誰かと生きていたという記録。
12805ee0699e

大人の好奇心を旅するwebマガジン「muto」(ミュート)で “上野万太郎の「この人がいるからここに行く」” の連載をスタートさせていただくことになりました。

その第1回目として、創業78年『カメラのゴゴー商会』を守り続ける博多と山笠に育てられた2代目店主 後郷壽雄さん(上の写真)を取材させていただきました。お店と後郷社長の経歴に沿ってフィルムカメラやオールドカメラのことにスポットをあててみました。

さて、このmutoですが、6月まで僕も記事を書いていたUMAGAと同じく株式会社ディップ・アンド・エスという会社が運営しております。「UMAGA」はグルメ情報に絞ったサイトですが、「muto」はカルチャーマガジンとして幅広い分野の記事がかかれています。そもそもは、大人向けのフリーマガジンを発行しており、2年前よりwebマガジンにも力を入れているということです。

そうそう、実はわたくし、6月末でUMAGAを卒業させていただいたのです。50代後半より、グルメというよりそこに取り巻く“人”に対する興味のほうが増してきて、60歳還暦でグルメブログを卒業したいなぁ、みたいなことをブログでも言ってましたが、これを機にそんな感じになりそうです、やっと。まあ、今後も外食はするので飲食店の記事やSNSは発信していきますが。

そんな流れの中で、「『UMAGA』を辞めるんだったら今後は『mutoで記事を書かない?」ってお誘いいただいたので、「UMAGA」の時と同じく「上野万太郎の『この人がいるからここに行く』」というテーマで、自分が気になる大好きな人やお店を選んで記事を書いていこうと思います。

そんな感じなので、ご興味がある方は、まずは【カメラのゴゴー商会】後郷社長の記事を読んでいただければ嬉しゅうございます。




1280DSCF2601

最近、市場価格が値上がり気味の高級フィルムカメラ
1280DSCF2588

後郷社長(左)とお客さんであり山笠つながりのジロウさん。(撮影:糸永愛子さん)
1280IMG_7547









記事検索
■プロフィール
上野万太郎/僕がどこかで誰かと生きていたという記録。《食》との出会いは《人》との出会い。

詳しくは、勝手にWikipediaのページへ

mantaro

illustration by kaede




■著書:「福岡カフェ散歩」「福岡のまいにちカレー」

「福岡のまいにちカレー」(2014年4月)
福岡で毎日カレーを食べながら48店をカメラを持ってオーナーさんをインタビュー。カレーの数だけ物語がありました。

mantaro



「福岡カフェ散歩」(2012年12月)
福岡のカフェ54店を取材。オーナーさんの熱い想いを伝えたい。

mantaro



■欲望おにぎりとよろこび丼
2020年12月23日、長女がレシピ本居酒屋店長特製の欲望おにぎりとよろこび丼を出しました。

欲望おにぎりとよろこび丼



UMAGA


UMAGA




■過去の日記
■読者登録
LINE読者登録QRコード

PVアクセスランキング にほんブログ村

このブログの写真及びテキストの無断使用はお断りします。
©2004-2024 MANTARO.net All Rights Reserved.

【ご注意】このブログに掲載しているお店の情報はその記事を書いた時点での最新情報を可能な限り記載しています。現時点での最新情報ではありませんのでご注意ください。