僕がどこかで誰かと生きていたという記録。
20223DSCF8628

閉店後の【珈琲いわくま】で今月の『UMAGA』のインタビュー。その後、岩隈さんと徒歩圏内の【キャンチョメ102】へ晩ご飯へ。

念願のカツカレーはお昼で売り切れていたけど、スパイスおつまみメニューがあったので、カレー以外にもノンアルビールと共に、ポテサラ、シウマイ、ジェノベーゼパスタもいただき。どれもわざとらしくないスパイス感を帯びた味付けがいい感じで大好き。

もうすぐ3周年だという【キャンチョメ102】、この3年でもいろんな取り組みや挑戦を続けてきた彼だが、4年目も楽しみだわね。

2023DSCF8612

キャンポテ
2023DSCF8610

シウマイ
2023DSCF8618

ジェノベーゼパスタ
2023DSCF8625

キャンチョメキーマ(海老)
2023DSCF8620

元祖キャンチョメキーマ
2023DSCF8621
 
良い笑顔。ボクシングジムで健康管理もバッチリ。
2023DSCF8632

「明日、髪切りに行くんですよね〜」
2023DSCF8638

アニメのキャンチョメに似てる表情
2023DSCF8643
 
店名:キャンチョメ102
住所:福岡市南区玉川町2-15
instagram ]

 

お昼は志免町【めん家 鉄】で担々麺とミニ炒飯。デザートの杏仁豆腐がついて900円というありがた価格。食券制だけど券売機を見たら醤油ラーメンも始めてたね。今度食べよう。担々麺は濃厚すぎない胡麻スープに太めのモチモチ麺が相性バッチリ。そしてミニサイズの海老炒飯が大好物。今日も美味しかった。それにしても次から次にやってくるお客さんを鉄ちゃん一人でテキパキとさばきよる。気持ちいいね。

2023DSCF8598

2023DSCF8601

2023DSCF8605

2023DSCF8609

店名:めん家 鉄 
住所:福岡県糟屋郡志免町志免1-3-40 
電話:092-936-4459 
※駐車場は郵便局裏の有料パーキングをご利用ください。



 
記事検索
■食専門WEBマガジン『UMAGA』
2021年9月1日にスタートした食専門のWEBマガジン「UMAGA」にスペシャルエディターとして「この人がいるからここに行く」を連載中です。

UMAGA

■プロフィール
上野万太郎/僕がどこかで誰かと生きていたという記録。《食》との出会いは《人》との出会い。

詳しくは、勝手にWikipediaのページへ

mantaro

illustration by kaede




■著書:「福岡カフェ散歩」「福岡のまいにちカレー」

「福岡のまいにちカレー」(2014年4月)
福岡で毎日カレーを食べながら48店をカメラを持ってオーナーさんをインタビュー。カレーの数だけ物語がありました。

mantaro



「福岡カフェ散歩」(2012年12月)
福岡のカフェ54店を取材。オーナーさんの熱い想いを伝えたい。

mantaro



■欲望おにぎりとよろこび丼
2020年12月23日、長女がレシピ本居酒屋店長特製の欲望おにぎりとよろこび丼を出しました。

欲望おにぎりとよろこび丼


■過去の日記
■読者登録
LINE読者登録QRコード

PVアクセスランキング にほんブログ村

このブログの写真及びテキストの無断使用はお断りします。
©2004-2023 MANTARO.net All Rights Reserved.

【ご注意】このブログに掲載しているお店の情報はその記事を書いた時点での最新情報を可能な限り記載しています。現時点での最新情報ではありませんのでご注意ください。