僕がどこかで誰かと生きていたという記録。
2023DSCF7917

最近は20時オーダーストップなので19時くらいに仕事終わるとギリギリになる。先日は19:59着でアウトだった。今日は道路が混んでなかったのでセーフの【洋風食堂 枝】です。

カレースパゲッティ ハンバーグのせを注文。ちょっとしてから「あ、目玉焼きをトッピングで!」と追い注文。

食べ終わった頃に厨房から店主ではない若いのお兄ちゃんが出てきて「最初に注文が通った時に『あれ今日は目玉焼きは無しなんかな?』と思ってたら、やっぱり追加注文来ましたね(笑)」と。

「次回からは俺が忘れてても、全てのメニューに目玉焼きトッピングお願いします(笑)」と返事。玉子大好き老人なのもので。

そして今日も美味しかった。


【洋風食堂 枝】について詳しく知りたい人は『UMAGA』で取材した記事もよろしくお願いします。
⇩⇩⇩
週に1回以上来店する常連客が100人超えの洋風食堂|UMAGA(ウマガ) 福岡の“うまい”を探求するWEBマガジン

店名: 洋風食堂 枝
住所: 福岡市東区松島3-34-27  
電話: 092-260-7723  
定休: 日曜日(祝日は営業)  



お昼は東比恵【お食事処 政】でランチ。3種類の日替わりメニューからどれか一つ選ぶ。どれも800円。生卵1個サービスあり。カウンター内から女将さんが「万太郎さん、昨夜も会長さんが来とったよ」と。そうなのだ、ここはうちの会長行きつけの店。僕も夜に行きたくてタイミングを図っている。

2023DSCF7910

2023DSCF7907

2023DSCF7904

2023DSCF7903

2023DSCF7909

店名:お食事処 政(まさ)   
住所:福岡市博多区東比恵2-17-23 ローズマンション第1博多 1号館  
電話:092-472-4205  
時間:11:30〜売り切れまで/18:00〜22:00   
店休:日曜日・祝日     
※喫煙可のお店です。



ランチ後に大橋
【手音】でネルドリップ珈琲。コーヒーを淹れる手の音が聞こえるくらい静かという意味から店名をつけたとか。BGMは聴こえず、エアコン風の吹出音が聞こえるほど。今日はお客さんがいっぱいだったけど、みんな黙って読書してる感じ。

小坂章子さん著の『九州喫茶案内』のサンプル本があったので読んでたら、エッセイのようで読みやすくてスイスイ。売本もあったので「多分、家に持ってると思うけど無かったら後悔するので買って帰ろう」と帰り際に
購入。夜自宅で書棚を見たら、やっぱり持ってた(笑)。来週のラジオ番組『たこラジ』でリスナープレゼントに出そう。

2023DSCF7913

2023DSCF7915

店名:手音(てのん)  
住所:福岡市南区塩原4-12-10   
電話:092-512-6117  
定休:不定休 


にほんブログ村 グルメブログ 九州食べ歩きへ
ポチっとお願いします



記事検索
■食専門WEBマガジン『UMAGA』
2021年9月1日にスタートした食専門のWEBマガジン「UMAGA」にスペシャルエディターとして参加してます。

カレバカレトルトカレー

■プロフィール
上野万太郎/僕がどこかで誰かと生きていたという記録。《食》との出会いは《人》との出会い。

詳しくは、勝手にWikipediaのページへ

mantaro

illustration by kaede




■著書:「福岡カフェ散歩」「福岡のまいにちカレー」

「福岡のまいにちカレー」(2014年4月)
福岡で毎日カレーを食べながら48店をカメラを持ってオーナーさんをインタビュー。カレーの数だけ物語がありました。

mantaro



「福岡カフェ散歩」(2012年12月)
福岡のカフェ54店を取材。オーナーさんの熱い想いを伝えたい。

mantaro



■欲望おにぎりとよろこび丼
2020年12月23日、長女がレシピ本居酒屋店長特製の欲望おにぎりとよろこび丼を出しました。

欲望おにぎりとよろこび丼


■過去の日記
■読者登録
LINE読者登録QRコード

このブログの写真及びテキストの無断使用はお断りします。
©2004-2023 MANTARO.net All Rights Reserved.

【ご注意】このブログに掲載しているお店の情報はその記事を書いた時点での最新情報を可能な限り記載しています。現時点での最新情報ではありませんのでご注意ください。