僕がどこかで誰かと生きていたという記録。
2023DSCF7759

昔、【ミマツコーヒー】のスタッフとして珈琲業界に入った萬野くん。彼がまだ23か24歳くらいだった頃だったかな。今は36歳だからもうそこそこ長い付き合いになるのね。

2017年12月
【KATAOSA COFFEE】として独立OPEN。その後、自家焙煎も始めて、去年には店舗のすぐ近くに【Art Space KATAOSA】もOPEN。

元々ストリート系のアーティストやDJ仲間とのイベントを定期的に開催していた萬野くん。これからは【Art Space KATAOSA】にて個展などを催していくらしい。

そして相変わらずモーニング営業やってくれてるのはありがたい。久しぶりにホットサンドとコーヒーをいただきました。セット価格は500円よりというサービス価格。今日食べたバンバンジーサンドとのセットは700円。ボリューム満点で美味しゅうございました。

なんやかんや言いながら一歩一歩前進している萬野くん。素晴らしいね。10年、20年に向けて継続してさらに頑張ってね〜。

2023DSCF7749

2023DSCF7740

2023DSCF7738

2023DSCF7751

ワンちゃん、オッケーです。
2023DSCF7761

2023DSCF7760

そして、【Art Space KATAOSA】ではタトゥーアーティストのSOWさんの個展開催中でした。
2023DSCF7771
 
2023DSCF7776

2023DSCF7762
 
2023DSCF7774

店名:KATAOSA COFFEE 
住所:福岡市東区御島崎1-5-6 
店休:木曜日
駐車場あり。詳しくはお店まで。
instagram ]




記事検索
■食専門WEBマガジン『UMAGA』
2021年9月1日にスタートした食専門のWEBマガジン「UMAGA」にスペシャルエディターとして参加してます。

カレバカレトルトカレー

■プロフィール
上野万太郎/僕がどこかで誰かと生きていたという記録。《食》との出会いは《人》との出会い。

詳しくは、勝手にWikipediaのページへ

mantaro

illustration by kaede




■著書:「福岡カフェ散歩」「福岡のまいにちカレー」

「福岡のまいにちカレー」(2014年4月)
福岡で毎日カレーを食べながら48店をカメラを持ってオーナーさんをインタビュー。カレーの数だけ物語がありました。

mantaro



「福岡カフェ散歩」(2012年12月)
福岡のカフェ54店を取材。オーナーさんの熱い想いを伝えたい。

mantaro



■欲望おにぎりとよろこび丼
2020年12月23日、長女がレシピ本居酒屋店長特製の欲望おにぎりとよろこび丼を出しました。

欲望おにぎりとよろこび丼


■過去の日記
■読者登録
LINE読者登録QRコード

このブログの写真及びテキストの無断使用はお断りします。
©2004-2023 MANTARO.net All Rights Reserved.

【ご注意】このブログに掲載しているお店の情報はその記事を書いた時点での最新情報を可能な限り記載しています。現時点での最新情報ではありませんのでご注意ください。