僕がどこかで誰かと生きていたという記録。
DSCF2631

数か月に一回開催される『UMAGA』の定例会議。去年の9月1日にスタートして1年間の実績報告と今後の展開について運営会社である株式会社 ディップ・アンド・エス (dip&S)と弓削編集長より説明あり。

参加者はいつも運営側から3人、弓削編集長、それとSPエディター3人の計7人。一年も経つとみんな慣れてくるので和気あいあい。『UMAGA』も徐々にページビューも伸びて来たしスポンサーも増えて来ており、グルメ好きな人たちの中での認知度も上がってきたかな、という感じ。さらに2年も頑張りましょうという話。

30代の女性1人以外はオジサンばっかりの集まりなので彼女には気の毒な気もするが、久留米グルメファンだという彼女の切り出しで後半は懐かしい久留米グルメの話で盛り上がりましたよ。


そして今回のお店は中央区桜坂にある【ユリイカ】。弓削さんセレクト。

僕的にはここに来るのは6年前にお昼にカレーを食べに来て以来。元【スパイスロード】の高田さんが「ここのカレーは食べとかないといかん」と言われていたから。今でもランチカレーをされているかは聞かなかったが、今日の夜メニューには至るところにスパイスがフューチャーされていた。

イタリアンやフレンチが融合した欧風料理だが、すべての料理に何かしらスパイスの隠し味。かといって香りや刺激が前面に主張するスパイス料理ではない。あくまでも優しく食べやすい欧風料理だ。女性シェフならでは繊細な味付けと盛り付け。合わせるお酒をワインを中心に提案していただける。

僕は最後のデザートの際にスパイスチャイを注文。煮出して作るので10分ほど時間がかかる本格的なもの。

今回は貸切で予約されていたので周りを気にせず好き勝手に会話を楽しめた。COVID-19のこともあり空間に余裕をもって席を作られているので、ご家族連れでの貸切など柔軟に対応されているらしい。

まずは女子会、デートにぴったりですね。ただし住宅街の中にあるお店なので大騒ぎするのはどうかな、という感じ。そんな隠れ家感のある品の良い雰囲気がとても良かった。ご馳走様でした。

DSCF2613

DSCF2617

下には洋ナシ
DSCF2620

タコの下には赤米
DSCF2622

パスタは三種類から選べた。
DSCF2631

DSCF2648

DSCF2635

DSCF2639

ホロホロな牛肉ワイン煮込み
DSCF2645

スパイスチャイ
DSCF2650

DSCF2658

店名:Eureka (ユリイカ)
住所:福岡市中央区桜坂1-4-19
電話:092-791-3576


記事検索
■食専門WEBマガジン『UMAGA』
2021年9月1日にスタートした食専門のWEBマガジン「UMAGA」にスペシャルエディターとして参加してます。

カレバカレトルトカレー

■プロフィール
上野万太郎/僕がどこかで誰かと生きていたという記録。《食》との出会いは《人》との出会い。

詳しくは、勝手にWikipediaのページへ

mantaro

illustration by kaede




■著書:「福岡カフェ散歩」「福岡のまいにちカレー」

「福岡のまいにちカレー」(2014年4月)
福岡で毎日カレーを食べながら48店をカメラを持ってオーナーさんをインタビュー。カレーの数だけ物語がありました。

mantaro



「福岡カフェ散歩」(2012年12月)
福岡のカフェ54店を取材。オーナーさんの熱い想いを伝えたい。

mantaro



■欲望おにぎりとよろこび丼
2020年12月23日、長女がレシピ本居酒屋店長特製の欲望おにぎりとよろこび丼を出しました。

欲望おにぎりとよろこび丼


■カテゴリー
■過去の日記
■アクセスカウンター(PV)

    このブログの写真及びテキストの無断使用はお断りします。
    ©2004-2022 MANTARO.net All Rights Reserved.

    【ご注意】このブログに掲載しているお店の情報はその記事を書いた時点での最新情報を可能な限り記載しています。現時点での最新情報ではありませんのでご注意ください。



    読者登録
    LINE読者登録QRコード