僕がどこかで誰かと生きていたという記録。
DSCF2370

福岡で人気のタイ料理と沖縄料理の店である薬院そいさぼ&渡辺通ちょいさぼのスタッフだったノリさんがこの度独立開業とのこと。おめでとうございます。

店名は【thuk wan】(トゥックワン)。意味は『日常』ということ。ノリさんいわく、「タイ料理をもっと広く色んな人に知ってもらって、その人達の日常に溶け込んでいきたいという想いでつけました。タイ料理をもっと気軽に楽しくという想いは【そいさぼ】【ちょいさぼ】と同じです」とのこと。なるほど、素晴らしい。

場所は南区大楠の“あさだ荘”。場所的によく行く地区なので嬉しい。以前【BANKS】のヒロト氏が入ってた部屋。カウンターとテーブル席とで10人くらいの店が出来上がってました。

先日からちょこちょこ覗いてたけど賑わってて入れなかったので、今日は11:30頃に行ってみたら大丈夫だった。それにしても前回から女性客多い。そしてお一人様客も多い。つまり女性お一人様歓迎の店ですな。

3種類ある麺料理から一番あっさりしてそうなクイッティアオナームを注文。鶏出汁のシンプルな醤油ラーメンと説明が書いてあったので。タイに行ったことないけどタイの屋台で売ってそう。

どのメニューも辛さを前面に出してはいないらしいが、食べているとじわじわ汗が出るのが和風ではない感じ。麺は米粉の麺と中華麺と選べる。タイでも両方あるらしいので今日は中華麺にした。

「薄めの味なので薬味で調整してください。ナンプラー、唐辛子、酢、砂糖です。酢が意外に良い感じです」とのこと。途中からナンプラーと酢で味変。確かに良い感じ。ノリさんは以前のお店でも料理していただけあって安心の美味しさね。雑味が無くすっきり綺麗な味。最近、ジャンルを問わずこういう綺麗な味の店が多い気がする。

せっかくなんでもう一つ何か食べよう。ライスメニューは週替わりでカオマンガイは来週はもうないというので注文。ご飯は少なめにしてもらった。これも優しい味ね。鶏肉も臭みなく柔らかく美味しい。タレだけでなく途中からスープをぶかっけでいただくのが好き。

今度は一番人気のココナッツカレーヌードルのカオソーイを食べよう。最初にカレー食べとけよって話だけど天邪鬼なもので。

DSCF2363

DSCF2366

DSCF2367

DSCF2376

DSCF2377

DSCF2379

DSCF2387

DSCF2390

店名:thuk wan(トゥックワン)
住所:福岡市南区大楠3-7-26 あさだ荘10号
時間:11:00〜17:00(LO16:00) 
店休:日曜、月曜
instagram ]









記事検索
■食専門WEBマガジン『UMAGA』
2021年9月1日にスタートした食専門のWEBマガジン「UMAGA」にスペシャルエディターとして参加してます。

カレバカレトルトカレー

■プロフィール
上野万太郎/僕がどこかで誰かと生きていたという記録。《食》との出会いは《人》との出会い。

詳しくは、勝手にWikipediaのページへ

mantaro

illustration by kaede




■著書:「福岡カフェ散歩」「福岡のまいにちカレー」

「福岡のまいにちカレー」(2014年4月)
福岡で毎日カレーを食べながら48店をカメラを持ってオーナーさんをインタビュー。カレーの数だけ物語がありました。

mantaro



「福岡カフェ散歩」(2012年12月)
福岡のカフェ54店を取材。オーナーさんの熱い想いを伝えたい。

mantaro



■欲望おにぎりとよろこび丼
2020年12月23日、長女がレシピ本居酒屋店長特製の欲望おにぎりとよろこび丼を出しました。

欲望おにぎりとよろこび丼


■カテゴリー
■過去の日記
■アクセスカウンター(PV)

    このブログの写真及びテキストの無断使用はお断りします。
    ©2004-2022 MANTARO.net All Rights Reserved.

    【ご注意】このブログに掲載しているお店の情報はその記事を書いた時点での最新情報を可能な限り記載しています。現時点での最新情報ではありませんのでご注意ください。



    読者登録
    LINE読者登録QRコード