僕がどこかで誰かと生きていたという記録。
DSCF2355

先日【クボカリー】とパンや日乃光】とのコラボカレーパンがやたらと美味しかったってことを書いたけど、案の定限定3日間の販売期間中、爆売れしたらしい。

カレーパンと言えば、実は博多区
上川端町【カレー専門店スパイス】の店主より1年前くらいにカレーパン開発してるんで出来たら試食してくださいって話を聞いてたけど、いよいよ来週末にコラボしたパン屋さんの店舗のみで販売することが決まったらしい。

9/17(土)〜9/18(日)に福岡市東区青葉のサニー舞松原店内 【Bread-Base RISE】で販売。うちの家からむっちゃ近いやん。っていうかサニー舞松原店って住所的には青葉なのね、知らなかった。


「日曜日に行ってみるわ!」って話してたら、サンプルがあるからもし良かったら、、、、と大野店主。

「マジ!?いただきま〜〜〜す!!」


カレーパンってどっこも美味しいし好きなんだけど、カレー店が開発するってなかなか難しいやろうなぁと思ってた。というのは、どこが作ってもよく似たものになりがちでしょ。そういう意味でも先日の【クボカリー】のものは個性的だった。

そして、今回の【カレー専門店スパイス】のカレーパンも個性的だった。見た目は揚げたてのカレーパンで、中身も特に変わりはない、、、と思ったら、、、、「おー−−−−−−−、なるほど!!」だった。良く見たら違うぞこれ。

大野店主のこだわり。「あくまでも僕が作ってる店のカレーの味とまったく違うのものにはしたくなかったんですよ。とにかく、ジャパンカレーにこだわりましたよ」

とは言え、ここのカレーソースは緩めのソースなのでそのままカレーパンにするには困難を極める。ということで大野店主が導きだした答えは、、、、。

当日をお楽しみに!!

しかしなぁ〜、お店は博多のど真ん中、パンを売ってるのは東区青葉ってなかなか遠いよね。絶対、常連のお客さんから、店で売ってよ!!ってプレッシャーすごいだろうな。

そして大野さんの頭の中には、第2弾、第3弾のメニューがあるらしい。大野さん、なんか楽しそうだった。

60de00b4

店名:カレー専門店Spice
住所:福岡市博多区上川端町14-30
電話:092-271-7979
店休:日祝祭日
時間:11:00〜
instagram ]



帰りに【ゴゴー商会】でカメラ話。欲が、、、、、。

DSCF2360

 






記事検索
■食専門WEBマガジン『UMAGA』
2021年9月1日にスタートした食専門のWEBマガジン「UMAGA」にスペシャルエディターとして参加してます。

カレバカレトルトカレー

■プロフィール
上野万太郎/僕がどこかで誰かと生きていたという記録。《食》との出会いは《人》との出会い。

詳しくは、勝手にWikipediaのページへ

mantaro

illustration by kaede




■著書:「福岡カフェ散歩」「福岡のまいにちカレー」

「福岡のまいにちカレー」(2014年4月)
福岡で毎日カレーを食べながら48店をカメラを持ってオーナーさんをインタビュー。カレーの数だけ物語がありました。

mantaro



「福岡カフェ散歩」(2012年12月)
福岡のカフェ54店を取材。オーナーさんの熱い想いを伝えたい。

mantaro



■欲望おにぎりとよろこび丼
2020年12月23日、長女がレシピ本居酒屋店長特製の欲望おにぎりとよろこび丼を出しました。

欲望おにぎりとよろこび丼


■カテゴリー
■過去の日記
■アクセスカウンター(PV)

    このブログの写真及びテキストの無断使用はお断りします。
    ©2004-2022 MANTARO.net All Rights Reserved.

    【ご注意】このブログに掲載しているお店の情報はその記事を書いた時点での最新情報を可能な限り記載しています。現時点での最新情報ではありませんのでご注意ください。



    読者登録
    LINE読者登録QRコード