僕がどこかで誰かと生きていたという記録。
DSCF1632

青と白のコントラストが真夏の様相。入道雲がモクモクとしていると思ったら、数時間後に夕立が。梅雨が短くてずっと暑かったけど、いよいよ本格的な夏って感じ。

しかし、家の中も飲食店も車も涼しいからあんまり暑さに対する嫌悪感はない。基本的にオフィスでの仕事が多いから。

ヒートアイランド現象や地球温暖化などで数十年前より気温はあがってはいるものの、僕的には昭和の頃のほうが暑かったイメージがある。

エアコンが今みたいに普及してなかったし、車の冷暖房能力もそんなにしっかりしてなかった。電車だって特急や急行でない限り冷房がないから窓を開けて走ってた気がする。とにかく涼しいところを求めて、デパートと銀行とパチンコ屋に逃げ込むという人も多かった。

それが聞くところによると現代では小中高校も冷房完備らしいじゃないですか。びっくり。

と、すぐ昔の話をしてしまう。

こんな昔話について、先日観たドラマの中で若い女子が言っていた。

「私たちはそんな昔話には何の興味もありません」って。

確かに僕らが若い頃、数十歳上の先輩が戦前戦後の話とかされてもそんなに興味は湧かなかったかもしれない。歴史や人生にとっての教訓話ならそうでもないかもしれないが。

昔話は同世代の人たちと懐かしみながら盛り上がるのが一番だろうね。50歳越えたくらいから、同級生と集まると毎回同じ昔話をしながらホント盛り上がって大笑いしてるよね。

今から先の短い年月の夢を語るより、昔話は何倍もネタがあるからね。

教訓。昔話の楽しさは同じ世代にしか伝わらないと思え。

DSCF1654

【クボカリー大楠店】
DSCF1639

DSCF1648

DSCF1644

f1330462

【珈琲いわくま】
DSCF1658

DSCF1664

【じゃらん食堂】
202207DSCF1630

202207DSCF1626

【ラ・フランス】
12823d7f

202207DSCF1625

【バソキ屋 西月隈店】
202207DSCF1621

202207DSCF1613

202207DSCF1622

店名:クボカリー大楠店 
住所:福岡市南区大楠3-17-10
instagram ]


店名:珈琲いわくま
住所:福岡市南区玉川町15-4
電話:092-287-5663
instagram ]


店名: じゃらん食堂
住所: 福岡市南区大楠2-17-3 井谷ビル208号
電話: 092-753-8685
休日: 日曜日・祝日


店名: ラ・フランス
住所: 福岡市南区大楠2-17-3
電話: 092-524-6622
店休: 日、月、火曜日 



店名:バソキ屋 西月隈店
住所:福岡市博多区西月隈1-16-13
電話:092-477-0247
[ instagram ]




記事検索
■食専門WEBマガジン『UMAGA』
2021年9月1日にスタートした食専門のWEBマガジン「UMAGA」にスペシャルエディターとして参加してます。

カレバカレトルトカレー

■プロフィール
上野万太郎/僕がどこかで誰かと生きていたという記録。《食》との出会いは《人》との出会い。

詳しくは、勝手にWikipediaのページへ

mantaro

illustration by kaede




■著書:「福岡カフェ散歩」「福岡のまいにちカレー」

「福岡のまいにちカレー」(2014年4月)
福岡で毎日カレーを食べながら48店をカメラを持ってオーナーさんをインタビュー。カレーの数だけ物語がありました。

mantaro



「福岡カフェ散歩」(2012年12月)
福岡のカフェ54店を取材。オーナーさんの熱い想いを伝えたい。

mantaro



■欲望おにぎりとよろこび丼
2020年12月23日、長女がレシピ本居酒屋店長特製の欲望おにぎりとよろこび丼を出しました。

欲望おにぎりとよろこび丼


■カテゴリー
■過去の日記

このブログの写真及びテキストの無断使用はお断りします。
©2004-2022 MANTARO.net All Rights Reserved.

【ご注意】このブログに掲載しているお店の情報はその記事を書いた時点での最新情報を可能な限り記載しています。現時点での最新情報ではありませんのでご注意ください。



読者登録
LINE読者登録QRコード