僕がどこかで誰かと生きていたという記録。
202207-2DSC05716

今年3月に東区「海の中道公園」内に出来た泊まれる公園【INN THE PARK。パークツーリズムとして「光と風の広場」に出来た【INN THE PARK】はメディアなどでも取り上げられて話題になりましたね。【INN THE PARK】の「INN」は、「宿」という意味ですね。「IN THE PARK(公園の中)」との掛け言葉かな。

博多湾を臨む浜辺に球体テントやオシャレなコンテナ型キャビンや グランピングなどの宿泊施設がずらり。自然を生かした公園や、1日60円のドッグランエリア、アスレチックビルみたいな「シー・ドラグーン」。サンシャインプール、動物の森、乗馬厩舎、フラワーミュージアムなど、「海の中道公園」内をレンタル自転車などで移動すれば子供連れでも1日遊べる海浜公園ですね。

と、そこまでは予想の範囲内だったんですが、フレンチレストランに行ってみたら今年2本の指に入るくらい「うま〜〜〜〜〜い!!」と唸るくらいの美味しさにびっくりでした。

ランチタイムは一般客に開放されてたんですが夜は宿泊者のみの利用だったんです。それが7月から夜も一般客への提供をスタートすることになりました。「海の中道公園」内だということで閉園時間などの制約がありなかなか難しかったみたいですが、「昼だけじゃもったいない。夜もやってみよう!!」とでもなったのかな。ということで、夜の予約者第一号となって食べに行きました。

シェフは、国内の星付きレストランやホテルで修行後、2012年渡仏。 パリ6区"Le petit verdot"にてスーシェフとして研鑽した葭谷真輝(よしやまさき)さん。ちなみに趣味はスパイスカレーを作ることだって。確かに風貌はそんなアジアンな雰囲気がたっぷり。ランチでは彼が作るカレーが出るらしいのでそれも楽しみ。そしてスイーツなどを担当するスーシェフも葭谷さんとともにフランスでも仕事してた料理人。

素材にこだわる、見せ方にもこだわる、しかし奇をてらわない。前菜から一つ一つ全部がメイン料理かと思うほど。特に前菜の中に出てきたハモ料理はメインに持っていけるやろ〜〜のびっくり。イカの卵かけご飯は最高だった。経産牛の薪焼きもボリューミーで食べ応え十分。全てにおいて薬味やソースが和洋折衷的な新しいフレンチっぽい仕上げ。そしてデザートの高級かき氷もインパクトすごかった。
 
消費税込み8,800円の大満足。基本的には宿泊者用のレストランということで、テーブルクロスもなく、スタッフも施設全体の維持管理もやってる人員ということでユニフォームもラフな感じ。流れる音楽も元気が出そうなアップテンポ。宿泊者はほとんどが子供連れ家族ということで、どちらかというとカジュアルなレストラン。

施設全体的の運営方針を理解するとそれはそれで問題ないけど、料理だけ見るとこれはこれは都会の高級フレンチレストランだわ。逆に言えば、そんなすごいフレンチが気軽に楽しめるってことですね。ぜひ一度お試しあれ。

ここのスタッフのジョージさんと先日【珈琲小林】で知り合ったことでこの日の来店になったのだが、ジョージさんに食事前に施設内を色々と見学させてもらいました。面白かった、楽しかった。ありがとうございました。

ちなみに、PRでも案件でもないです(笑)

202207DSC05875

202207DSC05880

202207DSC05882

202207DSC05892

202207DSC05869

202207DSC05891

202207DSC05897

202207DSC05899

202207DSC05906

202207DSC05901

202207DSC05916

202207DSC05925

202207DSC05887

202207DSC05940

202207DSC05944

202207DSC05948

202207DSC05829

店名: INN THE PARK 
住所: 福岡市東区大字西戸崎18-26 
電話: 092-692-7100 (電話受付時間:10:00〜17:00)
https://www.innthepark.jp/fukuoka/
instagram ]

※駐車料金や入園料が必要になりますのでご確認ください。





ここから下は施設を見学した写真です。
202207DSC05793

202207DSC05795

202207DSC05799

202207DSC05814

202207DSC05806

202207DSC05807

202207DSC05867

202207DSC05790

202207DSC05792

202207DSC05787

20220DSC05744

20220DSC05718

202207DSC05716

202207DSC05823

202207DSC05819

202207DSC05826

202207DSC05851

202207DSC05835

202207DSC05838

202207DSC05861

202207DSC05834

202207DSC05839

202207DSC05847

202207DSCF1217

202207DSCF1216

202207DSC05722

202207DSC05732

202207DSC05727

202207DSC05729

202207DSC05777

202207DSC05738

202207DSC05725

202207DSC05735

202207DSC05746

202207DSC05749

202207DSC05757

202207DSC05752

202207DSC05753

202207DSC05765

202207DSC05771

202207DSC05775

202207DSC05777

202207DSC05763

202207DSC05760

202207DSC05762

202207DSC05743

食後の夜
202207DSC05969

202207DSC05991

202207DSC05986

202207DSC05980
 
ジョージさん、ご案内ありがとうございました〜。














 
記事検索
■食専門WEBマガジン『UMAGA』
2021年9月1日にスタートした食専門のWEBマガジン「UMAGA」にスペシャルエディターとして参加してます。

カレバカレトルトカレー

■プロフィール
上野万太郎/僕がどこかで誰かと生きていたという記録。《食》との出会いは《人》との出会い。

詳しくは、勝手にWikipediaのページへ

mantaro

illustration by kaede




■著書:「福岡カフェ散歩」「福岡のまいにちカレー」

「福岡のまいにちカレー」(2014年4月)
福岡で毎日カレーを食べながら48店をカメラを持ってオーナーさんをインタビュー。カレーの数だけ物語がありました。

mantaro



「福岡カフェ散歩」(2012年12月)
福岡のカフェ54店を取材。オーナーさんの熱い想いを伝えたい。

mantaro



■欲望おにぎりとよろこび丼
2020年12月23日、長女がレシピ本居酒屋店長特製の欲望おにぎりとよろこび丼を出しました。

欲望おにぎりとよろこび丼


■カテゴリー
■過去の日記

このブログの写真及びテキストの無断使用はお断りします。
©2004-2022 MANTARO.net All Rights Reserved.

【ご注意】このブログに掲載しているお店の情報はその記事を書いた時点での最新情報を可能な限り記載しています。現時点での最新情報ではありませんのでご注意ください。



読者登録
LINE読者登録QRコード