僕がどこかで誰かと生きていたという記録。
202207DSCF7512

時短営業をしていた今年2月、ランチタイムにカレーうどんが登場した時に来て以来の【千酒万菜 うちだ産業】だった。夜に来たのは1年以上ぶり。

店主の法子さんも旦那さんも元気そうでなりより。そして相変わらずの“法子飯”は最高だった。実家のある朝倉市秋月や旦那さんのご両親がいらっしゃる東北地方から送ってくる食材を大事に大事に使った料理の数々。

30年近い料理人として経験を活かしたオリジナル料理。洋食、和食、そしてインド料理をアレンジした彼女の料理は、ここにこなきゃ食べられない。

食都と言われる福岡は、街を歩き回ればどこで食べても美味しい料理がたくさん。カレーもそうだし、ラーメンもカフェもそう。もちろん、焼鳥、鍋料理、魚料理やお寿司、肉料理、中華料理も洋食も。

だからこそ、その人がいる空間で、その人じゃないと作れない料理をその人に作ってもらって食べたいと思う店を大事にしたくなる。法子飯も僕にとってそんな大事な料理だ。そして【千酒万菜 うちだ産業】はこれからもずっと僕にとってそんな店だわ、多分。

とりあえず一発目のビシソワーズから贅沢たまらん濃厚スープだった。

202207DSCF7498

マサラ水茄子
202207DSCF7505

チーズクルチャを食べにくるちゃ。
202207DSCF7509

ローストビーフ
202207DSCF7506

ここの味噌汁は最高。
202207DSCF7516

パクチー金魚のオリジナルTシャツ販売中
202207DSCF7520

店名:千酒万菜 うちだ産業
住所:福岡市中央区高砂1-18-2 高砂小路201
instagram ]






 
記事検索
■食専門WEBマガジン『UMAGA』
2021年9月1日にスタートした食専門のWEBマガジン「UMAGA」にスペシャルエディターとして参加してます。

カレバカレトルトカレー

■プロフィール
上野万太郎/僕がどこかで誰かと生きていたという記録。《食》との出会いは《人》との出会い。

詳しくは、勝手にWikipediaのページへ

mantaro

illustration by kaede




■著書:「福岡カフェ散歩」「福岡のまいにちカレー」

「福岡のまいにちカレー」(2014年4月)
福岡で毎日カレーを食べながら48店をカメラを持ってオーナーさんをインタビュー。カレーの数だけ物語がありました。

mantaro



「福岡カフェ散歩」(2012年12月)
福岡のカフェ54店を取材。オーナーさんの熱い想いを伝えたい。

mantaro



■欲望おにぎりとよろこび丼
2020年12月23日、長女がレシピ本居酒屋店長特製の欲望おにぎりとよろこび丼を出しました。

欲望おにぎりとよろこび丼


■カテゴリー
■過去の日記

このブログの写真及びテキストの無断使用はお断りします。
©2004-2022 MANTARO.net All Rights Reserved.

【ご注意】このブログに掲載しているお店の情報はその記事を書いた時点での最新情報を可能な限り記載しています。現時点での最新情報ではありませんのでご注意ください。



読者登録
LINE読者登録QRコード