僕がどこかで誰かと生きていたという記録。
R0002667-2

昨夜【にく豆腐しげ子】に行ったら【醤油そば岩男】という店のショップカードがあった。

「え? 何これ」

「新しいお店なんです〜」

「え?そこも『わらび野グループ』の姉妹店何ですか?」

「そうなんですよ〜」

「また新店ですか〜、すごいですね!今度行ってみますわ〜」

R0002653
R0002651

とか言ってたけど、気になったので今日さっそくお昼に行ってみた。【醤油そば岩男】は【にく豆腐しげ子】から歩いても5分くらいの近所。

店近くのコインパーキングに停めて車から出たら、通りがかったイケメン兄さんに声をかけられた。

「万太郎さん!!ひょっとしてラーメン食べに来てくれたんですか?」

【にく豆腐しげ子】のスタッフのイケメン兄さんだった。

「あれ??こっちに異動したん?」

「そうなんですよ〜!こっちの責任者になったんですよ。お店分かりにくいでしょ?こっちです〜」

と案内してくれた。

R0002676

こちらの場所では以前おなじグループで居酒屋をしていたらしいが、COVOD-19のため休業していたらしい。で、この度ラーメン店として3/29にリニューアルオープンしたとのこと。

ちょっとした一品料理もあって昼呑み歓迎の店らしい。とりあえず20時までの営業らしいけど、本来ならもっと遅くまで営業したいところでしょうね。

せっかくなんで、一品料理も少し注文してみた。まずは浅漬け(250円)から。

R0002656

明太クラゲ(400円)
R0002657

かしわ飯(200円)は大盛りも出来るっていうので大盛りに。
R0002661

手羽揚げ(100円)
R0002672

メニューはこんな感じ。おでんも推しメニューらしい。昨日【にく豆腐しげ子】でそれらしいものを食べたので今日は食べなかったけど。
R0002649

ということで、醤油そば(800円)。鶏、魚介、豚などを使ったちょっと甘めの出汁が効いたスープ。上品なんだけど、しっかり旨味があってスープもほぼ全部いただき。さすが『わらび野グループ』だわ。
R0002666

麺は150g。大盛りや替え玉は無いです。太めでちょっとモチモチ系の多加水麺は自家製とのこと。
R0002670

店内はこんな感じ。
R0002682

看板も暖簾(のれん)も無いので見つけにくいかも(笑)。そのうち作るみたいです。
R0002684

この辺りには【杏仁荘】【葉隠うどん】【にく豆腐しげ子】【豚ステーキ十一】【住吉亭】など、よく利用させてもらってるお店がありますが、またランチや晩ご飯に迷った時に有難いお店が出来ました。



店名:醤油そば岩男
住所:福岡市博多区博多駅南3-8-14
電話:092-452-6140








記事検索
■食専門WEBマガジン『UMAGA』
2021年9月1日にスタートした食専門のWEBマガジン「UMAGA」にスペシャルエディターとして参加してます。

カレバカレトルトカレー

■プロフィール
上野万太郎/僕がどこかで誰かと生きていたという記録。《食》との出会いは《人》との出会い。

詳しくは、勝手にWikipediaのページへ

mantaro

illustration by kaede




■著書:「福岡カフェ散歩」「福岡のまいにちカレー」

「福岡のまいにちカレー」(2014年4月)
福岡で毎日カレーを食べながら48店をカメラを持ってオーナーさんをインタビュー。カレーの数だけ物語がありました。

mantaro



「福岡カフェ散歩」(2012年12月)
福岡のカフェ54店を取材。オーナーさんの熱い想いを伝えたい。

mantaro



■欲望おにぎりとよろこび丼
2020年12月23日、長女がレシピ本居酒屋店長特製の欲望おにぎりとよろこび丼を出しました。

欲望おにぎりとよろこび丼


■過去の日記
■読者登録
LINE読者登録QRコード

このブログの写真及びテキストの無断使用はお断りします。
©2004-2023 MANTARO.net All Rights Reserved.

【ご注意】このブログに掲載しているお店の情報はその記事を書いた時点での最新情報を可能な限り記載しています。現時点での最新情報ではありませんのでご注意ください。