僕がどこかで誰かと生きていたという記録。
20220327R0002080

ライカやRicoh GR などを使って街を歩く人々のポートレート撮影で有名な写真家ハービー・山口さん。写真好き、カメラ好きな人にとっては神様みたいな人。

そのハービー・山口さんが福岡に来られて博多の街を一日歩きながら写真撮影について心構えや撮影テクニックなどをご教示していただけるという企画に参加してきました。

ちなみに、ハービー・山口さんとはWikipediaによると、『(大学卒業後)渡英。ロンドンでデビュー前のボーイ・ジョージと共同生活するなどして、ロンドンのミュージシャン達と交流した。 中山美穂、福山雅治、大江千里、THE BOOM、THE MODS、桑田佳祐、岡村孝子、稲垣潤一、BOOWY、ASKA、エレファントカシマシ、由紀さおりなどのCDジャケットを手がける。また、布袋寅泰のアルバム『GUITARHYTHM』で8曲の英語詞での作詞を行った。写真集、エッセイ集発表の他、ラジオDJや俳優として映画出演などの活動も行う』という方です。 
 
福岡をフォトウォーク!!ということで、人も撮りながらのスナップショットと思ってRicoh GR3xを持って参加したけど、イベントの本題は「福岡ポートレートフォトウォーク」だった。つまり、ポートレート撮影を目的にしたものだったので、カメラの選定は的確ではなかった。それでも楽しかったけど。

博多駅から、呉服町、冷泉公園、中洲、福博であい橋、からの白金の会議室まで1万数千歩も歩いた。こんなに歩いたのはいつ以来やろ。日頃不健康な生活をしているので、気持ちよかった。

最後に会議室で参加者30名が自身で選んだ今日一の写真をハービーさんがコメントして指導してくれるという素晴らしい経験。僕はそこまでで帰ったがその後も夜までノンアルコール懇親会があって皆さん参加している人が多かったようだ。

同じモデルさんを撮った作品でも、いろんな人がいろんなカメラでいろんな撮り方をした写真30枚も見ることができたのも楽しかった。

ウォーク途中でハービーさんが自分で撮られた写真を見本として見せてくれるんだけど、それがまたたまらん良かった。また欲しくなるやんか、デジタルLeicaM。買わんけど。

ということで今夜はぐっすり眠れそう。

20220327-2R0002026

20220327R0002015

20220327R0002033

20220327R0002028

20220327R0002022

R0002038

R0002039

20220327R0002035

20220327R0002047

20220327R0002071

R0002095

20220327R0002089

20220327R0002096

20220327R0002097

20220327R0002116

20220327R0002109

20220327R0002106

20220327R0002110

20220327R0002108

20220327R0002130

20220327-2R0002126

 






 
記事検索
■食専門WEBマガジン『UMAGA』
2021年9月1日にスタートした食専門のWEBマガジン「UMAGA」にスペシャルエディターとして参加してます。

カレバカレトルトカレー

■プロフィール
上野万太郎/僕がどこかで誰かと生きていたという記録。《食》との出会いは《人》との出会い。

詳しくは、勝手にWikipediaのページへ

mantaro

illustration by kaede




■著書:「福岡カフェ散歩」「福岡のまいにちカレー」

「福岡のまいにちカレー」(2014年4月)
福岡で毎日カレーを食べながら48店をカメラを持ってオーナーさんをインタビュー。カレーの数だけ物語がありました。

mantaro



「福岡カフェ散歩」(2012年12月)
福岡のカフェ54店を取材。オーナーさんの熱い想いを伝えたい。

mantaro



■欲望おにぎりとよろこび丼
2020年12月23日、長女がレシピ本居酒屋店長特製の欲望おにぎりとよろこび丼を出しました。

欲望おにぎりとよろこび丼


■カテゴリー
■過去の日記
■アクセスカウンター(PV)

    このブログの写真及びテキストの無断使用はお断りします。
    ©2004-2022 MANTARO.net All Rights Reserved.

    【ご注意】このブログに掲載しているお店の情報はその記事を書いた時点での最新情報を可能な限り記載しています。現時点での最新情報ではありませんのでご注意ください。



    読者登録
    LINE読者登録QRコード