僕がどこかで誰かと生きていたという記録。
wa1

JR博多駅5-6番ホームと言えば、期間限定で人気の店を誘致して話題になっている場所。去年は行列の出来る人気となってその後JR博多駅デイトス地下1階に実店舗デビューしたラーメン店【明鏡志水】が有名ですね。

その場所には現在【CURRY de WA】という馬肉カレー店が1月12日から入っている。広島で【炭焼ダイニング WA】という熊本産馬肉をメインにした居酒屋をされている会社が運営。馬肉マイスター、肉博士1級認定店舗らしい。

今回は3月31日までの限定営業。ということで、広島県人の知り合いに薦められて食べに行ってきました。いわゆる友達案件です(笑)

今日のスタッフはお二人。ともに広島の方で、その間博多に仮住まいしてお仕事されてるらしい。店内はボブマーリーのポスターが貼ってあり、レゲーが流れている。レゲー好きの社長さんの趣味らしい。そして、スタッフユニフォームは、ボブマーリーと広島カープをモジって作られたTシャツ。さすが、広島だ!!

ちなみに、カレーソースは馬肉のスジをしっかり煮込んだ欧風カレー。《うますじちゃってごめんなさい!》って書いてあった。ギャグ好きな社長さんのようだ。

20220203DSCF3897

広島から長期出張してきているという店長さん。
20220203DSCF3904

いただいたのは、馬ハンバーグカレーに馬ステーキをのせてもらったもの。辛みは無く子供も老人も食べられる美味しいカレー。
20220203-2DSCF3894

馬肉って旨味が強くて美味しいという定説通り、臭みなどまったくなくしっかりした質感だが柔らかい仕上げのハンバーグ。さらにステーキもやわらかい。
20220203DSCF3898

ハンバーグは分厚くてボリューム満点。
20220203DSCF3900

「辛みが欲しい方はこれを入れてください。とっても辛いので小さじ一杯分くらいをカレーソースに溶かして食べてください。本当に辛いですから」と。
20220203DSCF3891

確かにまあまあ辛かった。そして香りがいいね。
20220203DSCF3892

店内はカウンターのみ。駅のホームと言えば立ち食いだね。そして、ボブマーリーのポスター。
20220203DSCF3890

久しぶりに博多駅在来線のホームにいったなぁ。何十年ぶりかな。新幹線ホームには時々行くけど。
20220203DSCF3907

5番・6番ホームの吉塚(小倉)方面の端です。
20220203DSCF3911

空港の飛行機もそうだけど、駅のホームで見る列車もいいね。少年の気持ちに戻れる。
DSCF3915

DSCF3908

メニューはこんな感じ。
wa2
ということで、博多駅近くに行かれた方はお試しください。博多駅入場料は150円でした。


店名:CURRY de WA
住所:福岡市博多区博多駅中央街1-1 JR博多駅5-6番ホーム
時間:11:00〜22:00(カレーが無くなったら閉店)
店休:水曜日
instagram ]




記事検索
■食専門WEBマガジン『UMAGA』
2021年9月1日にスタートした食専門のWEBマガジン「UMAGA」にスペシャルエディターとして参加してます。

カレバカレトルトカレー

■プロフィール
上野万太郎/僕がどこかで誰かと生きていたという記録。《食》との出会いは《人》との出会い。

詳しくは、勝手にWikipediaのページへ

mantaro

illustration by kaede




■著書:「福岡カフェ散歩」「福岡のまいにちカレー」

「福岡のまいにちカレー」(2014年4月)
福岡で毎日カレーを食べながら48店をカメラを持ってオーナーさんをインタビュー。カレーの数だけ物語がありました。

mantaro



「福岡カフェ散歩」(2012年12月)
福岡のカフェ54店を取材。オーナーさんの熱い想いを伝えたい。

mantaro



■欲望おにぎりとよろこび丼
2020年12月23日、長女がレシピ本居酒屋店長特製の欲望おにぎりとよろこび丼を出しました。

欲望おにぎりとよろこび丼


■過去の日記
■読者登録
LINE読者登録QRコード

このブログの写真及びテキストの無断使用はお断りします。
©2004-2023 MANTARO.net All Rights Reserved.

【ご注意】このブログに掲載しているお店の情報はその記事を書いた時点での最新情報を可能な限り記載しています。現時点での最新情報ではありませんのでご注意ください。