僕がどこかで誰かと生きていたという記録。
DSC02753

“JAPAN RICE CURRY”にこだわる冷泉公園近くの【カレー専門店スパイス】でカツカレー。

長年試行錯誤していたものが完成した本気のカツカレーだというのでそれを注文。でっかく分厚くなってました。サクサク感は以前のままで肉肉しさが倍増。ザ・カツカレーですね。

日本人ってカツカレーに対して特別な想いがある人が多いと思う。特に昭和の人。カレーだけ食べても美味しいし、とんかつだけ食べてもご馳走なのに、それが二つ一緒に食べられるって子供の頃からの夢のメニュー。

カレーを楽しみ、とんかつを楽しみ、さらにカツカレーを楽しめる。まさに、1+1=3じゃん。ただし、カツがあんまり分厚くてもダメだし薄くてもダメ。カレーとライスとカツのバランスって大事だと思う。その気持ちを裏切らない店主本気のカツカレーでした。

DSC02752

DSC02732

DSC02768

【ゴゴー商会】さん主催の『クラシックカメラ博 in 博多』。今日から
博多阪急で始まりましたよ。
DSC02739

店名:カレー専門店Spice
住所:福岡市博多区上川端町14-30
電話:092-271-7979
店休:日祝祭日
時間:11:00〜ランチタイムのみ営業(現在短縮営業中)
instagram ]
 


帰りに大橋近く
【手音】にちょい寄り。店に入ると「あ、万太郎さん〜」と女子の声。【Pin】のサトちゃんでした。お似合いのカップルです。
DSC02776-20220119-2
DSCF3490
DSCF3495

店名:手音(てのん) 
住所:福岡市南区塩原4-12-10  
電話:092-512-6117 
定休:不定休 






記事検索
■食専門WEBマガジン『UMAGA』
2021年9月1日にスタートした食専門のWEBマガジン「UMAGA」にスペシャルエディターとして参加してます。

カレバカレトルトカレー

■プロフィール
上野万太郎/僕がどこかで誰かと生きていたという記録。《食》との出会いは《人》との出会い。

詳しくは、勝手にWikipediaのページへ

mantaro

illustration by kaede




■著書:「福岡カフェ散歩」「福岡のまいにちカレー」

「福岡のまいにちカレー」(2014年4月)
福岡で毎日カレーを食べながら48店をカメラを持ってオーナーさんをインタビュー。カレーの数だけ物語がありました。

mantaro



「福岡カフェ散歩」(2012年12月)
福岡のカフェ54店を取材。オーナーさんの熱い想いを伝えたい。

mantaro



■欲望おにぎりとよろこび丼
2020年12月23日、長女がレシピ本居酒屋店長特製の欲望おにぎりとよろこび丼を出しました。

欲望おにぎりとよろこび丼


■カテゴリー
■過去の日記
■アクセスカウンター(PV)

    このブログの写真及びテキストの無断使用はお断りします。
    ©2004-2022 MANTARO.net All Rights Reserved.

    【ご注意】このブログに掲載しているお店の情報はその記事を書いた時点での最新情報を可能な限り記載しています。現時点での最新情報ではありませんのでご注意ください。



    読者登録
    LINE読者登録QRコード