僕が誰かと生きていたという記録。
志免祭1

12月のイベントのご案内をしながら今年も終わりに近づいてるって実感が湧いてきました。ついこの前ですよ、正月迎えたのは。年々早くなりますね。

ということで、『志免祭(シメサイ)』〜国際コメディシアターフェスティバルのご案内です!!

COVID-19やらで2年半ぶりの開催になりますが、糟屋郡志免町に日本中から大道芸などのコメディアンやアーティスのみなさんが大集合します。

YS市庭コミュニティー財団文化庁(AFF事業)の支援によって、ホールイベントを観覧無料で楽しめるそうです。

観覧は無料ですが予約が必要です。明日10月10日、朝10時10分から予約開始になります。予約方法はWebと電話があります。下のチラシをみてね。

このお祭りは今年で始まって10周年にあたるんです。

以前は志免鉱業所竪坑櫓のあるシーメイトや大正町商店街で開催されてましたけど、今年は志免町役場の隣にある志免町民センター大ホールでの開催。

第一回目は2011年4月に開催された『大正町芸術祭』でしたね。かつて炭鉱町として栄えていた志免町の大正町商店街の活気を取り戻そうということで地元の有志で始めたイベントでした。

当時、僕も志免町で頻繁に遊んでいたのでボランティアスタッフとして数年間お手伝いさせていただきました。懐かしいですね。

実行委員も代々若い世代に引き継がれ新しいボランティアのみんなも加わってるそうです。より一層志免町を盛り上げるイベントとして末永く続いていってほしいです。

という思いも込めて、ちょっと早いですが12月に開催される『志免祭』〜国際コメディシアターフェスティバルのご案内でした。

個人企業を問わず広告や協賛も募集中とのこと。そして、ボランティアスタッフも募集中です。大道芸人さんたちと生で触れ合えますよ。


今回出演される大道芸人やパフォーマーの面々を見ると、10年前から出てくださってる方が半分以上おられるんやなかろうか。

10年前はねぇ、演者さんたちへのギャラの支払いや運営費も大変厳しく、実行委員の方たちがリスクを背負って町のために立ち上がってたのでした。出演する大道芸人の方々も大道芸の普及と発展のためということで、自腹で遠方より参加してくれる方々も多数。そんな人たちのおかげで支えられてきたお祭り。

ここ数年、志免町役場の協力や応援もいただき、さらには様々な団体や国の支援ももらえるようになったのも、実行委員の皆さんの地元愛の力だと思います。すばらしいなぁ。

そんなことをしみじみと思い出す秋の日でした。




志免祭3


シメサイ2021L










記事検索
■食専門WEBマガジン『UMAGA』
2021年9月1日にスタートした食専門のWEBマガジン「UMAGA」にスペシャルエディターとして参加してます。

カレバカレトルトカレー

■プロフィール
上野万太郎/「食」との出会いは「人」との出会い。食べたいより会いたい。カレーが好きなのは、カレーが好きだからではない。
詳しくは、勝手にWikipediaのページへ

mantaro

illustration by kaede




■著書:「福岡カフェ散歩」「福岡のまいにちカレー」

「福岡のまいにちカレー」(2014年4月)
福岡で毎日カレーを食べながら48店をカメラを持ってオーナーさんをインタビュー。カレーの数だけ物語がありました。

mantaro



「福岡カフェ散歩」(2012年12月)
福岡のカフェ54店を取材。オーナーさんの熱い想いを伝えたい。

mantaro



■カレバカラジオカレー(完売)
2020年12月末「カレバカラジオ」企画でレトルトカレーを発売しました。豚肉130gゴロゴロのココナッツカレー。ピリッとスパイシーなボリューム満点のカレーをお楽しみください。

カレバカレトルトカレー

■欲望おにぎりとよろこび丼
2020年12月23日、長女がレシピ本居酒屋店長特製の欲望おにぎりとよろこび丼を出しました。

欲望おにぎりとよろこび丼

■『カレバカラジオ』(2019.7〜2021.6)
■最新記事(15件)



■過去の日記
■アクセスカウンター(PV)

    ■このBlogで最近使用しているカメラ



    このブログの写真及びテキストの無断使用はお断りします。
    ©2004-2021 MANTARO.net All Rights Reserved.

    【ご注意】このブログに掲載しているお店の情報はその記事を書いた時点での最新情報を可能な限り記載しています。現時点での最新情報ではありませんのでご注意ください。



    読者登録
    LINE読者登録QRコード