僕が誰かと生きていたという記録。
20210823DSC03299

【キッチン ポアレ】のご夫婦がここ吉塚に店を出して12年。

12年前、開店当初に来たことがあったけど、去年【珈琲いわくま】のイワクマさんの案内で一緒に再び来て以来、時々一人で来ている。

他県出身でホテルやフレンチレストランなどで働かれていたシェフだが、今ではすっかり吉塚に馴染んでおられるようだ。特にランチはお手頃価格の料理がいただけて人気らしい。

洋食屋さんというより、もう少し本格的な町のフレンチ屋さんって感じかな。店内はかしこまった雰囲気は全くないが出てくる料理はホンモノ感が強い。


シェフが「珈琲屋になった彼の店にまだ行けてないんですよね〜。元気にやられてますか?」とイワクマさんのことを気にされてる。

「元気にされてますよ。すっかり人気店です」

「そうですか〜」と他にも色々聞いてこられるので一つ一つ答えた。

自家焙煎であること、抽出はしっかり時間をかけたペーパードリップであること、豆の種類はシングルもブレンドもあること、スイーツはチーズケーキとコーヒーフロート、たまにコーヒーゼリーがあること、席数が10席くらいで大人お洒落な空間であることなどを伝えた。


さて、今夜いただいたのは、ビーフシチューとクリームコロッケ。サツマイモのポタージュスープとサラダとライスがついて1,850円。

全て手作りで美味しいのよね。ライスの量は少なめにしてもらった。デミグラスソースにドロドロにまみれたビーフをライスにのせて食べる。フォークとナイフは使わず箸で食べられる。

カウンター越しにシェフが「デミグラスソースはご飯に合いますよね」と。

「ご飯をソースで汚しながら食べるのが好きなんですよ」と答えると、ニヤリと笑顔を返してくれる。


帰り際にシェフが「くれぐれも珈琲屋さんによろしくお伝えください〜」とのこと。よほど気にされてるのだろう。

20210823DSC03282

20210823DSC03283

20210823DSC03301

20210823DSC03307

店名:キッチンポアレ
住所:福岡市博多区吉塚2-16-4
電話:092-623-8508




記事検索
■食専門WEBマガジン『UMAGA』
2021年9月1日にスタートした食専門のWEBマガジン「UMAGA」にスペシャルエディターとして参加してます。

カレバカレトルトカレー

■プロフィール
上野万太郎/「食」との出会いは「人」との出会い。食べたいより会いたい。カレーが好きなのは、カレーが好きだからではない。
詳しくは、勝手にWikipediaのページへ

mantaro

illustration by kaede




■著書:「福岡カフェ散歩」「福岡のまいにちカレー」

「福岡のまいにちカレー」(2014年4月)
福岡で毎日カレーを食べながら48店をカメラを持ってオーナーさんをインタビュー。カレーの数だけ物語がありました。

mantaro



「福岡カフェ散歩」(2012年12月)
福岡のカフェ54店を取材。オーナーさんの熱い想いを伝えたい。

mantaro



■カレバカラジオカレー(完売)
2020年12月末「カレバカラジオ」企画でレトルトカレーを発売しました。豚肉130gゴロゴロのココナッツカレー。ピリッとスパイシーなボリューム満点のカレーをお楽しみください。

カレバカレトルトカレー

■欲望おにぎりとよろこび丼
2020年12月23日、長女がレシピ本居酒屋店長特製の欲望おにぎりとよろこび丼を出しました。

欲望おにぎりとよろこび丼

■『カレバカラジオ』(2019.7〜2021.6)
■最新記事(15件)



■過去の日記
■アクセスカウンター(PV)

    ■このBlogで最近使用しているカメラ



    このブログの写真及びテキストの無断使用はお断りします。
    ©2004-2021 MANTARO.net All Rights Reserved.

    【ご注意】このブログに掲載しているお店の情報はその記事を書いた時点での最新情報を可能な限り記載しています。現時点での最新情報ではありませんのでご注意ください。



    読者登録
    LINE読者登録QRコード