僕が誰かと生きていたという記録。
20210621DSC08644

うどん栄で天ぷらセットを頂いて、【TAG STA】であと3日間開催している半沢克夫先生の写真展 “ハローダークネス”へ。

今日から最終日まで東京から来られた半沢先生が在廊されてる。

 【TAG STA】の橋口オーナーとストリートカメラマンの森田くんと、以前先生が出された写真集の制作秘話などを聴きながらアイスコーヒーをいただく。昭和の頃の仕事は今では考えられないくらい予算がついたりしてとても面白かったらしい。

今回の作品は、半沢先生が数年前に渋谷センター街で遭遇したハロウイン仮装の若者集団に刺激を受けて数年間かけて撮られたもの。

「一般の若い子にはウケないというか理解できないかもしれないが、東京じゃ役者や芸能関係者にはツボにハマる人も多いんだよ」とのこと。

確かに「可愛い!!」とか「オシャレ!!」とか「カッコイイ!!」という感想を持つ人は少ないかもですね。

しかし、それ以上に若者の生命力、集団のパワー、東京のエネルギーが熱く放たれる作品の数々。

「(コロナになったから)、今後はもうあの場ではああいう写真は撮れないかもね」とのこと。

確かに。

6b0c09e6

a075d50e

30259758

下の写真は去年の写真展でお会いした半沢先生と、すっかり街の写真家になった森田ケイタくん。(2020.3.8 撮影)
c21c589a

KATSUO HANZAWA exhibition “ハローダークネス”
日 程 :2021.06.09(水) 〜 2021.06.23(水) 
会 場 :TAGSTA GALLERY 
入場料 :無料



店名: 
TAG STA(タグスタ)
住所: 福岡市中央区春吉1-7-11 スペースキューブ1F
電話: 092-724-7721
instagram ]

 


そして昨日の《戸高慶一郎×渡邊めぐみ》“詩のレストラン展”。またまた写真展の話だけど、知り合いのカメラマン戸高慶一郎さんが自宅横のスタジオで詩のソムリエ渡邊めぐみさんとコラボして、詩と料理写真の展示会をされてる。それが“詩のレストラン展”。内容は渡邊さんが好きな詩から連想した料理のレシピを考え出し、それを元に実際に作られたコース料理を写真におさめて展示したもの。こんな展示会は初めてかも。渡邊さんと戸高さんからそのフルコース料理(詩と写真)についての解説を聞きいているとなんか不思議な世界にワープしたような感覚になる。実際に料理は出ませんよ。でもね、戸高さんが「昨日うちで僕がスパイスカレーを作ったんですよ。食べてもらえます?」と言われて、カレーが出てきたけど(笑)。そこも含めて色々美味しい写真展でした。

詩のレストラン

20210620DSC08617

20210620DSC08608-3

20210620DSC08605

20210620DSC08606-2

20210620DSC08601

20210620DSC08599





で、今年2月に天神から博多区店屋町へ移転した割烹よし田で久しぶりに鯛茶漬けなどのランチ。鯛茶漬けがもちろん有名だけど、天ぷらとトンカツも最高。元々は日本料理店ですからね。

20210620DSC08452
20210620DSC08417
20210620DSC08424
20210620DSC08435
20210620DSC08426
20210620DSC08464
20210620DSC08471

店名:割烹よし田
住所:福岡市博多区店屋町1-16
電話:092-721-0171 / 092-409-0703
instagram ]



昨夜は日曜日の夜に【バンヤン】を間借りして営業しているたける君の【カレバカカレー】へ。
20210620DSC08632
 
馴染みのお客さんも。
20210620DSC08637
 
店名:カレバカカレー  in banyan 
住所:福岡市中央区清川1-11-15(FM福岡の真裏) 
時間:日曜日の18:00〜22:00(不定休あり) 
instagram ] 





🏢福岡県と福岡市の支援情報

 
【福岡県ホームページ】福岡県感染拡大防止協力金のご案内(6月18日更新)
https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/fukuoka-kansenkakudaiboushi-kyouryokukin-info.html


【福岡市ホームページ】事業者向け情報(新型コロナウイルス感染症関連)(6月21日更新)
https://www.city.fukuoka.lg.jp/shicho/koho/health/covid19_ji.html





🌟『カレバカラジオカレー』🍛(レトルト)作りました!!

自らカレー店も営業しているカレー大好きタレント“たける”くんと、フォロワー9万人の福岡のスーパーグルメインスタグラマー“デビ高橋”さんと、私万太郎の3人で企画監修して販売しているレトルトカレーです。 

内容量は300g。その中に130gの豚バラ肉がどーーんと入ったココナッツカレー。とりあえず1人前ですが、軽く2皿分はとれると思います。 辛さはお子様には少し辛いくらい。

スリランカのポークカレーをイメージして、昆布茶、カツオ節エキスなどを使って和出汁風の食べやすさ。 しっかりとたけるこだわりのスパイスも効いててスパイス好きな人にも喜ばれるのではないかと思います。 

ちょっとお値段高めですが、スペイン産豚肉ゴロゴロのココナッツカレーを一度食べてみていただけると嬉しいです。

 4fa0383b

下記の販売協力店では、カレバカラジオカレーを店頭販売していただいています。店頭販売価格は1,000円(税込)です。 

たこ焼き移動販売【たこ魂】様
中洲【焼酎処あんたいとる】様  
天神【路地裏カレーTIKI】様 
古門戸町【博多焼肉 明治屋】様 
香椎【珈琲小林】様 
中洲【博多馬肉処 ふろく 本店】様 
中洲【グランドバーフクオカ】様 
友泉亭【覚醒の時刻】様 
上呉服町【珈琲と麦酒】様 
今泉【博多天ぷら ながおか】様 
太宰府【明治屋ジャンボ市 太宰府店】様 
久留米市【ショップ&カフェcocona】様 
高砂【鶏おでんと出汁割日本酒 ふぁるこ】様 
東比恵【FAKE IT COFFEE】様  
平尾【ラ・シゴーニュ】様
清川【カレーとお酒 バンヤン】様
※売切中の場合もありますので、お買い求めの際は事前にお店にご確認くださいませ。 


 🌟通販サイト

レトルトカレーは、『カレバカショップ』でお買い求めいただけます。1,370円(税込・送料込)です。
↓↓↓ 
https://currybaka.thebase.in/

複数個ご購入いただく場合は、こちらのサイトで割引できるようになりました!!
↓↓↓
https://devi-log.net/shop/







記事検索
■プロフィール
上野万太郎/「食」との出会いは「人」との出会い。食べたいより会いたい。カレーが好きなのは、カレーが好きだからではない。
詳しくは、勝手にWikipediaのページへ

mantaro

illustration by kaede




■著書:「福岡カフェ散歩」「福岡のまいにちカレー」

「福岡のまいにちカレー」(2014年4月)
福岡で毎日カレーを食べながら48店をカメラを持ってオーナーさんをインタビュー。カレーの数だけ物語がありました。

mantaro



「福岡カフェ散歩」(2012年12月)
福岡のカフェ54店を取材。オーナーさんの熱い想いを伝えたい。

mantaro



■食専門WEBマガジン『UMAGA』
2021年9月1日にスタートした食専門のWEBマガジン「UMAGA」にスペシャルエディターとして参加してます。

カレバカレトルトカレー

■カレバカラジオカレー絶賛発売中!!
2020年12月末「カレバカラジオ」企画でレトルトカレーを発売しました。豚肉130gゴロゴロのココナッツカレー。ピリッとスパイシーなボリューム満点のカレーをお楽しみください。

カレバカレトルトカレー

■欲望おにぎりとよろこび丼
2020年12月23日、長女がレシピ本居酒屋店長特製の欲望おにぎりとよろこび丼を出しました。

欲望おにぎりとよろこび丼

■『カレバカラジオ』(2019.7〜2021.6)
■最新記事(15件)



■過去の日記
■アクセスカウンター(PV)

    ■このBlogで最近使用しているカメラ



    このブログの写真及びテキストの無断使用はお断りします。
    ©2004-2021 MANTARO.net All Rights Reserved.

    【ご注意】このブログに掲載しているお店の情報はその記事を書いた時点での最新情報を可能な限り記載しています。現時点での最新情報ではありませんのでご注意ください。



    読者登録
    LINE読者登録QRコード