僕が誰かと生きていたという記録。
20110511-2DSC05353-2

去年閉店した福岡市の繁華街近くにあった老舗フレンチレストランのファミリーとして閉店まで共にレストランを支えてこられた三代目 松尾龍典さん(上写真)が、2021年4月27日に【欧風料理 典】として再スタートを切られました。

とりあえずは、人気のビーフカレーやビーフシチューなどを中心に通販サイトでの販売事業からスタート。レストラン時代のスタイルを守りつつ新しい価値観を生み出したいという三代目の熱い思いが料理に込められてます。

今日は縁があって試食を兼ねて市内某所で、ビーフカレービーフシチューをいただいてきました。

ビーフカレーは仕込みに1週間かかるという黒いソース。ピリリと辛味もあるけど、濃厚でまろやかなソースが柔らかい肉ととともに高級感を醸し出す。

ビーフシチューに至っては、これ何グラムあるのよ?ってくらいのボリュームでカレーの肉以上にトロトロに柔らかい。これもライスとともに食べるスタイルだけど、パンにもお酒にも合うわ。

両方とも昔ながらのファンにも満足してもらえる納得の味に仕上がってる。

通販サイトには早速注文が殺到していて、肉の仕入れや仕込みに嬉しい悲鳴を上げているらしい。ファンが全国にいますからね。

こんなご時勢で外でいい感じでゆっくり食事も出来ずにモヤモヤしてる方にピッタリです。自宅のテーブルに白いテーブルクロスをパッと広げてちょっとオシャレに欧風料理を楽しまれてはいかがでしょう。


明日から福岡県は3回目の非常事態宣言。さらにテイクアウト、デリバリー、通販、レトルトなどの需要が高まりますね。

新しい生活スタイル、そして新しい飲食店の営業スタイルとして、それらに対応する手段を揃えておくことは必須の時代になってることをヒシヒシと感じる今日この頃です。

20210511DSC05300

ビーフカレー
20210511DSC05202

20210511DSC05216

20210511DSC05227

20210511DSC05221

ビーフシチュー
20210511DSC05255

20210511DSC05286

20210511DSC05282

20210511DSC05306

商品の一例
20210511DSC05296


店名:欧風料理 典(てん)
http://shop.tenn-restaurant.com














 
記事検索
■プロフィール
上野万太郎/「食」との出会いは「人」との出会い。食べたいより会いたい。カレーが好きなのは、カレーが好きだからではない。
詳しくは、勝手にWikipediaのページへ

mantaro

illustration by kaede




■著書:「福岡カフェ散歩」「福岡のまいにちカレー」

「福岡のまいにちカレー」(2014年4月)
福岡で毎日カレーを食べながら48店をカメラを持ってオーナーさんをインタビュー。カレーの数だけ物語がありました。

mantaro



「福岡カフェ散歩」(2012年12月)
福岡のカフェ54店を取材。オーナーさんの熱い想いを伝えたい。

mantaro



■カレバカラジオカレー絶賛発売中!!
2020年12月末「カレバカラジオ」企画でレトルトカレーを発売しました。豚肉130gゴロゴロのココナッツカレー。ピリッとスパイシーなボリューム満点のカレーをお楽しみください。

カレバカレトルトカレー

■欲望おにぎりとよろこび丼
2020年12月23日、長女がレシピ本居酒屋店長特製の欲望おにぎりとよろこび丼を出しました。

欲望おにぎりとよろこび丼

■『カレバカラジオ』放送中!!
■最新記事(15件)



■過去の日記
■アクセスカウンター(PV)

    ■このBlogで最近使用しているカメラ



    このブログの写真及びテキストの無断使用はお断りします。
    ©2004-2021 MANTARO.net All Rights Reserved.

    【ご注意】このブログに掲載しているお店の情報はその記事を書いた時点での最新情報を可能な限り記載しています。現時点での最新情報ではありませんのでご注意ください。



    読者登録
    LINE読者登録QRコード