僕が誰かと生きていたという記録。
DSC0082420210314

久留米の友達の案内で八女市黒木町【萬歳屋】へ。

築100年以上の一軒家でいただくせいろ蒸し。昔は料亭や旅館だったそうで、現在は女将さんと息子さんご夫婦で切り盛りされているって。

とにかく歴史のある建物。綺麗に手入れされてる店内。自然な感じで会話が進む品の良い接客。窓の外を流れる矢部川のせせらぎ。そして、もう1週間もすると一面が桜に染まるであろう窓風景。

せいろ蒸しは優しく上品な味付け。価格は鰻料理としてはお手頃の2千円代。

八女や筑後市民には有名で人気店らしい。 食事した後、待合室でのんびりと景色を見ながら茶でもすすっていたい落ち着いた空間だった。
 
あ、お茶も美味しかったなぁ。

DSC0072020210314

DSC0073620210314

DSC0073220210314

DSC0074020210314

DSC0076520210314

DSC00725020210314

DSC0077420210314

DSC0079920210314

DSC0080220210314

DSC0080320210314

DSC0080720210314

DSC0081320210314

DSC0081520210314

DSC0081720210314

DSC0082320210314

DSC0082420210314

店名:萬歳屋 (バンザイヤ)
住所:福岡県八女市黒木町今561
電話:0943-42-0340     



からの八女市内に移動して市域文化商社うなぎの寝床とその中にあるあだち珈琲 八女店へ。八女市も頑張ってるなぁ。今日は『やめぼんぼり祭』の最終日で、近くの神社では5組の結婚式があってたらしい。
うなぎの寝床

DSC0084720210314

DSC0083120210314

DSC0083620210314

DSC0085020210314

DSC0086020210314

DSC0086420210314

店名:うなぎの寝床/あだち珈琲 八女店
住所:福岡県八女市本町267 




久留米の実家に寄って母親と2時間くらい雑談。帰りに久留米インター近くの【立花うどん】で肉ごぼううどんに月見トッピングと混ぜごはん。一人で座ってうどん注文した後に「混ぜごはんもお願いします」というと「はい、わかりました。混ぜごはんは一つでよろしいでしょうか?」と店員さん。「普通は2つも食べんよね?(笑)」と返すと「ですよね(笑)」と返事。女子高生アルバイトさんかな。面白い。
DSC0087920210314

DSC0087020210314

DSC0086820210314

店名:立花うどん
住所:福岡県久留米市東合川5-6-1
電話:0942-44-3939 



そして昨夜の東区香住ヶ丘【仏蘭西食堂カンティーヌ】。昼1,000円、夜1,500円〜。それぞれ別にドリンク注文をお願いします。ドリンクはワインもビールやノンアルコールも500円なり。

昨夜いただいたのは、税込2,500円+ドリンク代別。希望価格により内容を変えてもらえます。フランス仕込みの本格的な料理をお手頃価格でいただけるオススメ店です。要予約。
DSC0067920210313

DSC0068320210313

DSC0068620210313

DSC0069220210313

DSC0069720210313

DSC0070520210313

DSC0071020210313

DSC0071420210313

店名:仏蘭西食堂カンティーヌ
住所:福岡市東区香住ヶ丘2-5-10
電話:092-672-0920
[ instagram ]






【福岡県】新型コロナウイルス感染症の緊急事態措置の解除とその後の対応について
https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/covid19emergency-details.html

ee671ff8



先日ご案内した天神にある岩田屋本店本館(7階)に3/31にオープンする文喫その中にできる学 IWATAYAという新時代のカルチャーセンターのこと。

僕も4月、5月、6月に月一回だけ講座を持たせてもらうことになってます。

岩田屋本店のinstagram
で僕が担当する講座のことを紹介して頂きました。

参加者募集中です!!



FullSizeRender




🌟『カレバカラジオカレー』(レトルト)について
729227e6

自らカレー店も営業しているカレー大好きタレント“たける”くんと、フォロワー9万人の福岡のスーパーグルメインスタグラマー“デビ高橋”さんと、私万太郎の3人で企画監修して販売しているレトルトカレーです。

内容量は300g。その中に130gの豚バラ肉がどーーんと入ったココナッツカレー。とりあえず1人前ですが、軽く2皿分はとれると思います。


辛さはお子様には少し辛いくらい。スリランカのポークカレーをイメージして、昆布茶、カツオ節エキスなどを使って和出汁風の食べやすさ。

しっかりとたけるこだわりのスパイスも効いててスパイス好きな人にも喜ばれるのではないかと思います。

ちょっとお値段高めですが、スペイン産豚肉ゴロゴロのココナッツカレーを一度食べてみていただけると嬉しいです。


下記の販売協力店では、カレバカラジオカレーを店頭販売していただいています。店頭販売価格は1,000円(税込)です。
天神【路地裏カレーTIKI】様 
千早駅前【とり焼肉エイト】様 
古門戸町【博多焼肉 明治屋】様 
香椎【珈琲小林】様 
中洲【博多馬肉処 ふろく 本店】様 
中洲【グランドバーフクオカ】様 
友泉亭【覚醒の時刻】様 
上呉服町【珈琲と麦酒】様 
今泉【博多天ぷら ながおか】様 
太宰府【明治屋ジャンボ市 太宰府店】様 
久留米市【ショップ&カフェcocona】様
高砂【鶏おでんと出汁割日本酒 ふぁるこ】様
※売切中の場合もありますので、お買い求めの際は事前にお店にご確認くださいませ。

知り合いのお店の方へ、販売協力店募集中です!!


🌟通販サイトは『カレバカショップ』でお買い求めいただけます。1,370円(税込・送料込)です。
↓↓↓
https://currybaka.thebase.in/


複数個ご購入いただく場合は、こちらのサイトで割引できるようになりました!!
↓↓↓
https://devi-log.net/shop/


取扱店の皆様、下記画像はPOPとしてお使いくださいませ。デザインbyたけるです。
カレバカレトルトPOP



 
記事検索
■プロフィール
上野万太郎/「食」との出会いは「人」との出会い。食べたいより会いたい。カレーが好きなのは、カレーが好きだからではない。
詳しくは、勝手にWikipediaのページへ

mantaro

illustration by kaede




■著書:「福岡カフェ散歩」「福岡のまいにちカレー」

「福岡のまいにちカレー」(2014年4月)
福岡で毎日カレーを食べながら48店をカメラを持ってオーナーさんをインタビュー。カレーの数だけ物語がありました。

mantaro



「福岡カフェ散歩」(2012年12月)
福岡のカフェ54店を取材。オーナーさんの熱い想いを伝えたい。

mantaro



■食専門WEBマガジン『UMAGA』
2021年9月1日にスタートした食専門のWEBマガジン「UMAGA」にスペシャルエディターとして参加してます。

カレバカレトルトカレー

■カレバカラジオカレー絶賛発売中!!
2020年12月末「カレバカラジオ」企画でレトルトカレーを発売しました。豚肉130gゴロゴロのココナッツカレー。ピリッとスパイシーなボリューム満点のカレーをお楽しみください。

カレバカレトルトカレー

■欲望おにぎりとよろこび丼
2020年12月23日、長女がレシピ本居酒屋店長特製の欲望おにぎりとよろこび丼を出しました。

欲望おにぎりとよろこび丼

■『カレバカラジオ』(2019.7〜2021.6)
■最新記事(15件)



■過去の日記
■アクセスカウンター(PV)

    ■このBlogで最近使用しているカメラ



    このブログの写真及びテキストの無断使用はお断りします。
    ©2004-2021 MANTARO.net All Rights Reserved.

    【ご注意】このブログに掲載しているお店の情報はその記事を書いた時点での最新情報を可能な限り記載しています。現時点での最新情報ではありませんのでご注意ください。



    読者登録
    LINE読者登録QRコード