僕がどこかで誰かと生きていたという記録。

LIBERTEテリーヌ

なんとなく道路を通ってて見付けたお店。長屋的建物の2階にある窓からほんのりと黄色っぽい光が漏れている。中からは賑やかそうに人影がゆらゆら。そんな映像が頭に残っていて昨夜行ってみました。

博多の商工会議所ビルの対面にある長屋の中にあるこの店はもうすぐ2年になるらしい。オーナーシェフの石田さんはフランス料理やワインに精通した方の様子。

料理の基本はフランス料理で、それにスペイン料理、イタリア料理などをアレンジしてこだわりを持った料理を提供されているようでした。料理を出される時は、作り方や使っている食材などを丁寧に説明してくれました。店の名前の ”LIBERTE”リベルテはフランス語で”自由”という意味。

上の写真は、自家製のテリーヌ。Wikipediaさんによると「バターや豚の背脂を敷き、挽肉やすり潰したレバー、魚肉のすり身、切った野菜、香辛料などを混ぜたものを詰めてオーブンで焼いた料理。」

高級料理店という感じではなく、みんなで楽しくワイワイガヤガヤと欧風家庭料理をワインやビールを飲みながら楽しく時間を過ごしましょうって感じです。

美味しかった。お薦めです。


店名:ワイン&欧風料理 LIBERTE (リベルテ) [ 食べログ ]
住所:福岡市博多区祇園町3−6 むらしま店舗2階
電話:092-263-7756
HP:http://yaneura-liberte.com/top
店休日:日曜日
ランチ:11:30-14:30
ディナー:17:30-23:30


身近なフレンチがお好きならポチっと
にほんブログ村 グルメブログ 九州食べ歩きへ
よろしくお願いします。

LIBERTEセビーチェ

白身魚のセビーチェ

LIBERTEホタテ料理

ホタテのマスタードソテー

LIBERTE肉料理

牛肉ほほ肉のワイン煮。濃厚ソースが決め手。

LIBERTE天井

店内はカジュアルな感じ。

記事検索
■プロフィール
上野万太郎/僕がどこかで誰かと生きていたという記録。《食》との出会いは《人》との出会い。

詳しくは、勝手にWikipediaのページへ

mantaro

illustration by kaede




■著書:「福岡カフェ散歩」「福岡のまいにちカレー」

「福岡のまいにちカレー」(2014年4月)
福岡で毎日カレーを食べながら48店をカメラを持ってオーナーさんをインタビュー。カレーの数だけ物語がありました。

mantaro



「福岡カフェ散歩」(2012年12月)
福岡のカフェ54店を取材。オーナーさんの熱い想いを伝えたい。

mantaro



■欲望おにぎりとよろこび丼
2020年12月23日、長女がレシピ本居酒屋店長特製の欲望おにぎりとよろこび丼を出しました。

欲望おにぎりとよろこび丼



UMAGA


UMAGA




■過去の日記
■読者登録
LINE読者登録QRコード

PVアクセスランキング にほんブログ村

このブログの写真及びテキストの無断使用はお断りします。
©2004-2024 MANTARO.net All Rights Reserved.

【ご注意】このブログに掲載しているお店の情報はその記事を書いた時点での最新情報を可能な限り記載しています。現時点での最新情報ではありませんのでご注意ください。