クソじじい、言われて嬉しい、五十代。
DSC07068

ご案内していた美野島商店街《ミノシマルシェ》はとっても気持ちの良いお天気のもと大盛況でした。

そもそもは美野島商店街と【印刷ラボ・フクオカ】という会社とのコラボイベント。美野島商店街の活性化と福岡の若手クリエイターたちの発表の場を兼ねて毎月1回土曜日に行われているイベント。

今回は外部から【カレバカカレー】と【珈琲と麦酒】も参加しました。

【カレバカカレー】と【珈琲と麦酒】としては地元を離れて新しいお客さんの獲得のために、そして商店街としてはそのお店のお客さんが美野島にやって来てくれることで商店街の認知度をアップさせるというお互いにとってきっと良いことが起こるであろうとういう目論見。

その効果はなかなかあったのではないでしょうか。COVID-19のために久々の開催になったということもあってかいつもより集客が良かったような。カレバカカレーもお陰様で13時過ぎには50食分完売しました。

今後もこのように外部からのお店の誘致は継続して行くらしい。また楽しみです。

以前から人気の商店街の中のお店を回って好きなお弁当を完成させるというランチバイキングを楽しむお客さんもたくさんおられましたね。

200円で参加出来る野菜詰め放題イベントも人気です。

こういう商店街、福岡市内でも少なくなって来ました。マンションやビルの建設が進む福岡市なのでなかなか難しい状況ではありますが、なんとか少しでも長く残していきたい街並みだと思います。

美野島商店街には空き家もありますので、飲食業や小売店を始めたい若手のオーナーがいらっしゃれば商店街の方に相談してみたらいかがでしょうか。

青空と太陽と人が気持ちよい商店街です。

関係者のみなさまお疲れ様でした。来ていただいたみなさまありがとうございました。

DSC06963
DSC06979
DSC06972
DSC06964
DSC06984
DSC06992
DSC06993
DSC07003
DSC07005
DSC07010
DSC07018
DSC07013
DSC07011-1
DSC07026
DSC07020
DSC07024
DSC07036
DSC07029
DSC07048-1
DSC07038
DSC07054-1
DSC07060
DSC07067
DSC07079
DSC07082
DSC07089

View this post on Instagram


A post shared by 美野島商店街 (@minoshima_hakata) on












記事検索
■プロフィール
上野万太郎/「食」との出会いは「人」との出会い。食べたいより会いたい。カレーが好きなのは、カレーが好きだからではない。
詳しくは、勝手にWikipediaのページへ

mantaro

illustration by kaede




著書:「福岡カフェ散歩」「福岡のまいにちカレー」

「福岡のまいにちカレー」(2014年4月)
福岡で毎日カレーを食べながら48店をカメラを持ってオーナーさんをインタビュー。カレーの数だけ物語がありました。

mantaro



「福岡カフェ散歩」(2012年12月)
福岡のカフェ54店を取材。オーナーさんの熱い想いを伝えたい。

mantaro



■『カレバカラジオ』放送中!!
■最新記事(15件)
■アクセスカウンター(PV)

    ■このBlogで最近使用しているカメラ






    ■過去の日記

    このブログの写真及びテキストの無断使用はお断りします。
    ©2004-2020 MANTARO.net All Rights Reserved.

    【ご注意】このブログに掲載しているお店の情報はその記事を書いた時点での最新情報を可能な限り記載しています。現時点での最新情報ではありませんのでご注意ください。



    読者登録
    LINE読者登録QRコード