クソじじい、言われて嬉しい、五十代。
DSC00235

『カレバカラジオ』のスポンサーになってもらってる【博多焼肉 明治屋】の福永さんのご紹介で古門戸町に4月にオープンしたばかりの【博多の宿 徒然庵】の方と食事しながら打ち合わせ。


【博多の宿 徒然庵】のテーマは、『食べて、呑んで、檜風呂へ 地元飲食店と共に歩む』となっているデザイナーズ本格的和風建築の素泊まり旅館。

食事を提供していないとうことで、古門戸町を中心とした博多地元のお店の料理をテイクアウトして家族やグループでお部屋でお楽しみください、という提案もあり。現在宿泊者の半分以上が福岡市内近郊の方らしい。

まだまだステイホームが大切という方も、非日常の空間で家族やお友達とお過ごしになりませんか?ということらしい。料金は1部屋料金で、1〜8人まで利用可能。

地元の飲食店と協力して街おこし的に飲食店をバックアップしようというスタイルも共感します。

食後に一部屋ちらっと内覧させてもらったけど、杉の香りがすごい!!!ちょっとちょっと高級旅館だわ、という感じ。一部屋2万円くらいからの価格設定も、4人利用とかで割ったらお得だわ。週末などは少し高めだけどね。

泊まってみたい。


といういことで、【博多焼肉 明治屋 古門戸店】の食事は、またまた素敵なお任せコース。福永さんが「今日も好きなもの全部そろえてますよ」と。たまらん贅沢。そしてお値段も内容からしたら、とっても良心的なお店です。

『カレバカラジオ』でデビさんが【博多焼肉 明治屋 古門戸店】とコラボしたブラックデビカツカレー(予約制)は今回は食べませんでしたが、大好評で予約がどんどん入ってるそうです。良かったよかった。あれ、安くて美味しいもんね。

ということで、まずは食後に見学した【博多の宿 徒然庵】の写真から。
DSC003061

DSC002841

DSC00298

DSC00285

DSC00292

View this post on Instagram



A post shared by 博多の宿 徒然庵 (@tsurezure_an) on



そして【博多焼肉 明治屋 古門戸店】の料理。焼肉屋さんなのに、ウニやアワビやウナギが出てきて、もう何屋さんなのかようわからんお任せコース料理です。
DSC001751

DSC00181

DSC002031

DSC00247

DSC002521

DSC00199

DSC00215

DSC00222

DSC00225

DSC00229

DSC00190

DSC00195

DSC00210

DSC00260

DSC00268


DSC002801

店名: 炭火博多焼肉 明治屋 古門戸店
住所: 福岡市博多区古門戸町2-2カナエ福岡第一ビル
電話: 092-261-2900


店名: 博多の宿 徒然庵
住所: 福岡市博多区古門戸町4番4
電話: 080-8043-2702




記事検索
■プロフィール
上野万太郎/「食」との出会いは「人」との出会い。食べたいより会いたい。カレーが好きなのは、カレーが好きだからではない。
詳しくは、勝手にWikipediaのページへ

mantaro

illustration by kaede




著書:「福岡カフェ散歩」「福岡のまいにちカレー」

「福岡のまいにちカレー」(2014年4月)
福岡で毎日カレーを食べながら48店をカメラを持ってオーナーさんをインタビュー。カレーの数だけ物語がありました。

mantaro



「福岡カフェ散歩」(2012年12月)
福岡のカフェ54店を取材。オーナーさんの熱い想いを伝えたい。

mantaro



■『カレバカラジオ』放送中!!
■最新記事(15件)
■アクセスカウンター(PV)

    ■このBlogで最近使用しているカメラ






    ■過去の日記

    このブログの写真及びテキストの無断使用はお断りします。
    ©2004-2020 MANTARO.net All Rights Reserved.

    【ご注意】このブログに掲載しているお店の情報はその記事を書いた時点での最新情報を可能な限り記載しています。現時点での最新情報ではありませんのでご注意ください。



    読者登録
    LINE読者登録QRコード