クソじじい、言われて嬉しい、五十代。
DSC07641

博多駅から筑紫通に入ったところにあるTERASOビル。八仙閣が入居しているビルなんだけど、そこの2階にある【蓮双庭】(れんそうてい)でランチ。

日本を代表するモダンチャイニーズのシェフ、脇屋友詞(わきやゆうじ)氏がプロデュースする中華レストラン。お店によると『お客様の人数やシーンによって様々にお使いいただける居心地のよい空間とWakiyaのモダンチャイニーズをご提供いたします。』とのこと。まさにそんな感じ。

COVID-19の影響で二か月弱休店していたが、6月上旬からテイクアウトを始めたらしい。その中で、チャイナポークカレーというのがあって気になっていたんだけど、今日、店内で食べる機会をいただいた。

これを作ってる平賀シェフ(写真中央)は脇屋さんから【蓮双庭】の責任者を任されてる関東出身の実力派の中華シェフ!、、、なんだけど、この平賀シェフがカレーが好きなのよ。以前からカレーのことで話をさせてもらっているが、福岡市内のカレーシェフとも交流があって日々カレーの研究をしているという。いいのかな?(笑)

DSC07613

このカレーが美味しかった。チャイナポークカレーという名前なんだけど、鶏がらスープをベースにココナッツミルクを使用。さらに中華らしく甜麺醤(てんめんじゃん)も使っているらしいが、過激な刺激はなく上品に高級感のある仕上がり。

豚肉は鹿児島県鹿屋市の豚をスモーク。トロトロになるまで煮込まれてドーンとのってる。これ、テイクアウトだけではもったいないんじゃなかろうか。中華料理店ということでカレーの匂いがすると他の料理に悪影響がでるからという意見もあるが、味の割にはカレー臭は広がってなかった。

DSC07614

これ作った人は絶対カレー好きだよね、とすぐ分かる味でした。

DSC07609

takeout_main

せっかくなんで脇屋シェフといえば、これです。
DSC07600

台湾の凍頂烏龍茶
DSC07618

フルーツポンチが出てきた。
DSC07632

店名:蓮双庭(れんそうてい)
住所:福岡市博多区博多駅東2-7-27
電話:092-411-4227
http://www.wslotusgarden.com/
※駐車場あり




からの一階にある【COFFEE & BOOKS】でアイスラテ。経営は【八仙閣】かな。運営は【manu coffee】です。今日はイラストレーターでもあるタケルくんでした。
DSC07654

DSC07643

DSC07657

DSC07648

店名:COFFEE & BOOKS in 八仙閣
住所:福岡市博多区博多駅東2-7-27
電話:092-411-4181






記事検索
■プロフィール
上野万太郎/「食」との出会いは「人」との出会い。食べたいより会いたい。カレーが好きなのは、カレーが好きだからではない。
詳しくは、勝手にWikipediaのページへ

mantaro

illustration by kaede




著書:「福岡カフェ散歩」「福岡のまいにちカレー」

「福岡のまいにちカレー」(2014年4月)
福岡で毎日カレーを食べながら48店をカメラを持ってオーナーさんをインタビュー。カレーの数だけ物語がありました。

mantaro



「福岡カフェ散歩」(2012年12月)
福岡のカフェ54店を取材。オーナーさんの熱い想いを伝えたい。

mantaro



■『カレバカラジオ』放送中!!
■最新記事(15件)
■アクセスカウンター(PV)

    ■このBlogで最近使用しているカメラ






    ■過去の日記

    このブログの写真及びテキストの無断使用はお断りします。
    ©2004-2020 MANTARO.net All Rights Reserved.

    【ご注意】このブログに掲載しているお店の情報はその記事を書いた時点での最新情報を可能な限り記載しています。現時点での最新情報ではありませんのでご注意ください。



    読者登録
    LINE読者登録QRコード