クソじじい、言われて嬉しい、五十代。
DSC07218

接待で西中洲にあるすっぽん料理が有名な【前田】におじゃましました。

すっぽん料理ってグロテスクなイメージで苦手な人も多かろうけど、食べてみると味的には魚、いや普通の魚ではないけど、鰻かフグか深海魚って感じかな。

コラーゲンたっぷりで濃厚。高タンパクで低カロリーと言うことで滋養強壮や美肌効果があると言われてますね。

西中洲にある古いビルの地下一階にあるお店は、創業40年以上の老舗。古いながらに手入れされてて清潔感のある店内は、新築のピカピカ店舗よりも雰囲気あるね。現在は二代目の大将が切り盛りされている。

お昼に一番安いコース料理を予約していた。決してお安くないけどしっかりお値段以上の料理とサービスでした。

機会があれば接待や大人な宴会などにオススメです。


すっぽん料理がお好きなら
にほんブログ村 グルメブログ 九州食べ歩きへ
ポチッとお願いします!!

ウニと湯葉豆腐
DSC07213

すっぽんのカルパッチョ
DSC07220

出た!!!すっぽんの血!!!!りんごジュースで割ってあるので飲みやすかった。
DSC07219

別注した天ぷら
DSC07225

サラダにはすっぽんは使われてませんw
DSC07232

すっぽんの唐揚げ
DSC07227

薬味はネギと自家製柚子胡椒
DSC07240

出てきたすっぽん鍋
DSC07243

DSC07246

すっぽん鍋出来上がりました。なかかなに濃厚で美味しい。どこの部位だとかあんまり考えるとちょっとアレですがw
DSC07251

3日間かけて準備されたご飯(米)を使ってオジヤで締めます。
DSC07255

グツグツと米にスープを吸わせる。
DSC07259

お新香も美味しいね。
DSC07260

DSC00141

オジヤでもドロドロならないための仕込みがなされている。そこに薄い餅を入れる。
DSC07271

一人2杯分くらいペロリ。
DSC07273

デザートは梅野シロップ浸け
DSC07278

大将です。お肌ツヤツヤだったので若いのかと思ったら、僕よりも5歳くらい年上だった。
DSC07284-2

オジヤの米っていうかご飯だけでも3日間の仕込み期間を要して準備しているんだって。

それ聞いただけでも、全ての料理に対する手間暇の掛け方が想像できる。

とっても美味しゅうございました。



店名: 前田 
住所: 福岡市中央区西中洲12-10 第12上村ビル B1F
電話: 050-5869-5840
休日: 不定休 


すっぽん料理がお好きなら
にほんブログ村 グルメブログ 九州食べ歩きへ
ポチッとお願いします!!




記事検索
■プロフィール
【名前】上野万太郎 【これまでの人生】1962年8月 福岡県久留米市生まれ。京都で学生時代4年間を過ごし、就職を機に福岡市へ。一年間の飲食店訪問回数は食事と喫茶を合わせて延べ1,100回以上。「食」との出会いは「人」との出会い。結局やっぱり最後も最初も“人”だと思う。カレーが好きなのは、カレーが好きだからではない。記念写真ブロガー宣言。
詳しくはプロフィールのページへ

mantaro

illustration by kaede




著書:「福岡カフェ散歩」「福岡のまいにちカレー」

「福岡のまいにちカレー」(2014年4月)
福岡で毎日カレーを食べながら48店をカメラを持ってオーナーさんをインタビュー。カレーの数だけ物語がありました。

mantaro



「福岡カフェ散歩」(2012年12月)
福岡のカフェ54店を取材。オーナーさんの熱い想いを伝えたい。

mantaro



■『カレバカラジオ』放送中!!
■最新記事(15件)
■アクセスカウンター(PV)

    ■このBlogで最近使用しているカメラ






    ■過去の日記

    このブログの写真及びテキストの無断使用はお断りします。
    ©2004-2020 MANTARO.net All Rights Reserved.

    【ご注意】このブログに掲載しているお店の情報はその記事を書いた時点での最新情報を可能な限り記載しています。現時点での最新情報ではありませんのでご注意ください。



    読者登録
    LINE読者登録QRコード