クソじじい、言われて嬉しい、五十代。
かえる食堂20190113-DSC06366

明けまして【かえる食堂 蓮】でした。

ここに最初に来たのは8年ちょっと前。あの頃は今みたいな感じのガッツリな定食ランチではなく、マクロビで健康的にランチやデザートが楽しめるカフェでした。

昼はよっぴーママがカフェをして、夜に今も頑張ってるサイトウ店長とよっぴーで居酒屋料理を提供する店を切り盛りしてた。あの頃の店名は【cafebar 蓮】。

“ゆるべじプレート”というのがあって、動物性食品(肉はもちろん、牛乳、玉子、チーズ、鰹節などの魚介出汁など)を使わない食事を目玉としてランチタイムを中心に提供していたので、ダイエットの時にはそればっかり食べてた気がする。

よっぴーママは、ヨガのインストラクターの資格をもっていたので、“美しさは食事から”ということで“ゆるべじプレート”を作ったようだった。

そう言えばあの頃は、お店が閉まってる時間を利用して、店内でヨガ教室もしてましたね。

しかし、この新年から、“ゆるべじプレート”の提供をお休みしてるそうだ。

お店を9年以上やってるといろいろ方向性は変わるもので、健康志向カフェに始まり、今はガッツリ定食&居酒屋で人気になってるけど、次はワインが美味しく楽しめるお店を目指すらしい。

ワインは、自然派ワインに注力。自然派にこだわるあたりは、お店を開業した頃の健康志向テーマが今でもよっぴーママのど真ん中にずっと流れてるのかもね。

「おれ、8年前最初にここに来た時、ベーグルサンドを食べたと思う」

「あそこのソファに座ってたよね」

時は流れて形は変わっても、想い出や歴史は消えないかも。


定食がお好きなら
にほんブログ村 グルメブログ 九州食べ歩きへ
ポチッとお願いします!! 

ゆるべじプレートの文字の上に、「しばらくの間、お休みします」の紙が。
DSC06357

単品で野菜のポタージュスープをお願いした。これ、“ゆるべじプレート”の時によく飲んでたスープ。
DSC06359

そして、毎度のガッツリなハンバーグと海老フライの定食。
DSC06362

目玉焼きを別注でトッピング
DSC06371

ボリューミーな手作りハンバーグ
DSC06373

アフターコーヒーは100円。【うちの珈琲研究所】の豆を使用。
DSC06378

今年もさらに頑張ってね。


店名:かえる食堂 蓮(れん) 
住所:福岡市博多区浦田1-5-36 
電話:092-503-1199
定休:月曜日 (月1回日曜日休みあり) 
※駐車場は契約分が3台。他にコインパーキングのコインサービスあり。


定食がお好きなら
にほんブログ村 グルメブログ 九州食べ歩きへ
ポチッとお願いします!! 




記事検索
■プロフィール
【名前】上野万太郎(小学生時代からのペンネーム) 【これまでの生涯】1962年8月 福岡県久留米市生まれ。京都で学生時代4年間を過ごし、就職を機に福岡市へ。一年間の飲食店訪問回数は食事と喫茶を合わせて延べ1,100回以上。「食」との出会いは「人」との出会い。
プロフィールのページ

mantaro

illustration by kaede




著書:「福岡カフェ散歩」「福岡のまいにちカレー」

「福岡のまいにちカレー」(H26年4月)
福岡で毎日カレーを食べながら48店をカメラを持ってオーナーさんをインタビュー。カレーの数だけ物語がありました。

mantaro



「福岡カフェ散歩」(H24年12月)
福岡のカフェ54店を取材。オーナーさんの熱い想いを伝えたい。

mantaro



■最新記事(15件)
■アクセスカウンター(PV)

    ■このBlogで最近使用しているカメラ





    ■過去の日記

    このブログの写真及びテキストの無断使用はお断りします。
    ©2004-2018 MANTARO.net All Rights Reserved.

    【ご注意】このブログに掲載しているお店の情報はその記事を書いた時点での最新情報を可能な限り記載しています。現時点での最新情報ではありませんのでご注意ください。