クソじじい、言われて嬉しい、五十代。
COWSIcampDSC00759

「クボカリー」の久保氏に連れられて、8/1オープンしたばかりの「COWSI CAMP」へ。

ここは福富康馬社長(上写真)が展開する肉料理店の3号店。他には春吉「アカミヤコウシ」や渡辺通「yakiniku COWSI」があり、いずれも人気店となっている。

今回の「COWSI CAMP」は大名の裏の裏の裏くらいの場所にあり、なかなか辿り着くのも大変なお店。

広い店内にコの字型カウンターという今風のレイアウトだけど、窓がひとつもなく大人の隠れ家的要素がプンプン。

そこで牛の熟成肉を中心に鶏や猪などの肉料理をじっくり焼いて食べさせてくれる。

肉が焼けるまで時間もかかるので、おまかせコースをお願いして肉の前にいろいろな料理をいただいた。

薪を使った焼き場や窯があり、肉はもちろん野菜や魚も時間を掛けて調理されてる。

知り合いの男性と一緒に福岡の焼鳥界の大御所が来店され、美味しい白ワインをご馳走になったり、福富社長とクボちゃんといろいろ話をしながら楽しい食事。

ちょっと贅沢な大人の肉料理が楽しめました。 


肉料理がお好きなら
にほんブログ村 グルメブログ 九州食べ歩きへ
ポチッとお願いします!! 

突き出し
COWSIcampDSC00744

お肉を拝見
COWSIcampDSC00751

クミン味のベーコンとマッシュルームなどのサラダ
COWSIcampDSC00767

野菜のスープ
COWSIcampDSC00765

数時間かけて窯でゆっくり焼いたタマネギ
COWSIcampDSC00763

サツマイモにリコッタリーズ
COWSIcampDSC00768

魚もあり。
COWSIcampDSC00762

カウンターに囲まれた真ん中に焼き場があり。
COWSIcampDSC00771

糸島産の猪のTボーン。これは熟成肉ではないけど、臭みが一切なくむちゃ旨かった。
COWSIcampDSC00784

目の前で切ってくれる社長の顔が真剣そのもの。
COWSIcampDSC00791

熟成肉。左が30日くらい、右が50日だったかな。全然味が違う。
COWSIcampDSC00798

福富社長に会って自己紹介して最初に彼から出てきた言葉が「Pin」だったので、腰抜けそうになった。聞いてみると「Pin」のジョー店長は地元の後輩にあたるらしい。なるほど。

ごっちゃんでした!!


店名: COWSI CAMP @裏大名
住所: 福岡市中央区大名1-4-29
電話: 092-753-7933
※営業時間や定休日などは様子をみながら決めていくらしい。


肉料理がお好きなら
にほんブログ村 グルメブログ 九州食べ歩きへ
ポチッとお願いします!! 



記事検索
■プロフィール
【名前】上野万太郎(小学生時代からのペンネーム) 【これまでの生涯】1962年8月 福岡県久留米市生まれ。京都で学生時代4年間を過ごし、就職を機に福岡市へ。一年間の飲食店訪問回数は食事と喫茶を合わせて延べ1,000回以上。「食」との出会いは「人」との出会い。
プロフィールのページ

mantaro

illustration by kaede




著書:「福岡カフェ散歩」「福岡のまいにちカレー」

「福岡のまいにちカレー」(H26年4月)
福岡で毎日カレーを食べながら48店をカメラを持ってオーナーさんをインタビュー。カレーの数だけ物語がありました。

mantaro



「福岡カフェ散歩」(H24年12月)
福岡のカフェ54店を取材。オーナーさんの熱い想いを伝えたい。

mantaro



■最新記事(15件)
■アクセスカウンター(PV)

    ■このBlogで最近使用しているカメラ





    ■過去の日記

    このブログの写真及びテキストの無断使用はお断りします。
    ©2004-2018 MANTARO.net All Rights Reserved.

    【ご注意】このブログに掲載しているお店の情報はその記事を書いた時点での最新情報を可能な限り記載しています。現時点での最新情報ではありませんのでご注意ください。