クソじじい、言われて嬉しい、五十代。
ばってんDSC00063

「あそこの焼肉屋さん、すごいっすよ。」

友達に薦められててどうしても来てみたかった「焼肉料理 ばってん」

ということで、ここに行ったことのある春吉の多国籍料理店主に予約してもらって、一緒に行くことに。

お店は、噂の通りでした。

無煙ロースターとか排煙装置とかなんのその。

モクモク煙も浴びながら味わえる幸せ。

上着や荷物は用意されたでっかいビニール袋に入れておいておく。

先代に変わって息子さんらしき方が後を継がれたみたい。

タレは黒くてシンプルなもの。今風に薬味がいろいろとかありえない。強いて言えば、すりおろしたニンニクが置いてある程度。

いつの頃からだろうね、焼肉屋さんがあんなに綺麗なレストランになったのは。

昔はどこもこうだった。

どっちが良いとか悪いとかではなくて。

そして肉も美味しかった。ここに何度も来た経験がある赤坂のビストロのシェフが、「盛り合わせがお得だから、それで注文しますよ」「おまかせします」。

2杯ずつくらい呑んで1人当たり4,000円程度。単品でたくさん注文たりお酒をたくさん呑めば6,000円〜になるみたい。

そして、ご飯に焼肉のせて、最高やった。

今日のモクモク具合はマシなほうだったみたいだが、それでも帰宅したら着ていたものは全部洗濯機へ。


焼肉がお好きなら
にほんブログ村 グルメブログ 九州食べ歩きへ
ポチッとお願いします!! 

ばってんDSC00059
ばってんDSC00057
ばってんDSC00085
ばってんDSC00074
ばってんDSC00083
ばってんDSC00065
ばってんDSC00098
ばってんDSC00102

清算をお願いすると、〆にデザートの生パイナップルが出てくる。

このパイナップルがまた良い塩梅で熟れてて、酸味と甘みのバランスが絶妙。切り方もちょうど一口サイズで素敵。そして、何も飾り気もなく派手な主張もないのに、その存在感たるや。

酒場カメラマンがつぶやいた。

「このパイナップルみたいになりたい」

相変わらず、かっこいい男だわ。



店名:ばってん
住所:福岡市中央区白金1-13-4
電話:092-521-0619
※予約をお勧めします。


焼肉がお好きなら
にほんブログ村 グルメブログ 九州食べ歩きへ
ポチッとお願いします!!


【お店を検索】
■プロフィール
【名前】上野万太郎(小学生時代からのペンネーム) 【これまでの生涯】1962年8月 福岡県久留米市生まれ。京都で学生時代4年間を過ごし、就職を機に福岡市へ。一年間の飲食店訪問回数は食事と喫茶を合わせて延べ1,000回以上。「食」との出会いは「人」との出会い。
プロフィールのページ

mantaro


著書:「福岡カフェ散歩」「福岡のまいにちカレー」


「福岡のまいにちカレー」(H26年4月)
福岡で毎日カレーを食べながら48店をカメラを持ってオーナーさんをインタビュー。カレーの数だけ物語がありました。

mantaro



「福岡カフェ散歩」(H24年12月)
福岡のカフェ54店を取材。オーナーさんの熱い想いを伝えたい。

mantaro



■最新記事(15件)
■アクセスカウンター(PV)

    ■Blogで使用しているカメラ





    ■過去の日記

    このブログの写真及びテキストの無断使用はお断りします。
    ©2004-2018 MANTARO.net All Rights Reserved.

    【ご注意】このブログに掲載しているお店の情報はその記事を書いた時点での最新情報を可能な限り記載しています。現時点での最新情報ではありませんのでご注意ください。