クソじじい、言われて嬉しい、五十代。
オカノカリーDSC08238

数年ぶりじゃないかな。ラムキーマカレーにメンチカツを乗せなかったのって。

今日は茄子とミニトマト、パクチーをトッピング。

生のラム肉を炒めるところから一皿一皿作られるラムキーマカレー。相変わらずスパイシーで歯ごたえがある肉肉しさがたまらん。

そして、今夜は名物のメンチカツではなく、最近人気というロースカツを食べてみました。

ボリューミー!!

オカノカリーDSC08247

欧風カレーがソースの代わりに掛けられているけど、普通にロースカツカレーにすれば、これがこのままカツカレーとして出されるらしい。

こりゃ、うまいわ。

これなら、普通にカツカレーとしても食べてみたいね。

オカノカリーDSC08249

帰る時に、オカノさんと年末の挨拶を交わす。

ちょっと早いような気もするけど、そんな時期になりましたね。

今年もごっちゃんでした!!



店名:OKANO CURRY
住所:福岡市城南区松山2−5−5
店休:日曜日と水曜日(その他不定休)
blog:http://okanocurry.exblog.jp/
※駐車場は、店前に1台、横向きに停められます。



カレーがお好きなら
にほんブログ村 グルメブログ 九州食べ歩きへ
ポチッとお願いします!!


帰りに、オカノさんとこから帰りの定番になりつつある「そふ珈琲」へ。
そふ珈琲DSC08250
そふ珈琲DSC08258
そふ珈琲DSC08264

お店の花はマスターが週に一回花屋さんで選んで自分でいけてるんだって。いいセンスですね。

そして、マスターと久しぶりにゆっくり話が出来た。

ここも九州外や外国からのお客さんが増えてるらしいが、そんなお客さんには「どうして、うちを知ったんですか?」ということを聞く様にしてるらしい。

結論としては、やはり、instagramを代表としたSNSの力が大きいと感じる、という話。

先日は女子2人で、LCCの飛行機で大阪から日帰りしてたお客さん。豚骨ラーメン→そふ珈琲→もつ鍋やま中、というコースだったらしい。日帰りだからね、すごいよね。

そして、ラーメンともつ鍋の間にそふ珈琲っていうセレクトがまたまた不思議で興味がわく点だな。

ということで、楽しい時間をごっちゃんでした。


店名:そふ珈琲 
住所:福岡市城南区別府1-3-11
電話:092-407-6474
定休:水曜日
時間:13:0022:00
 

珈琲がお好きなら
にほんブログ村 グルメブログ 九州食べ歩きへ
ポチッとお願いします!!




【お店を検索】
■プロフィール
【名前】上野万太郎(小学生時代からのペンネーム) 【これまでの生涯】1962年8月 福岡県久留米市生まれ。京都で学生時代4年間を過ごし、就職を機に福岡市へ。一年間の飲食店訪問回数は食事と喫茶を合わせて延べ1,000回以上。「食」との出会いは「人」との出会い。
プロフィールのページ

mantaro


著書:「福岡カフェ散歩」「福岡のまいにちカレー」


「福岡のまいにちカレー」(H26年4月)
福岡で毎日カレーを食べながら48店をカメラを持ってオーナーさんをインタビュー。カレーの数だけ物語がありました。

mantaro



「福岡カフェ散歩」(H24年12月)
福岡のカフェ54店を取材。オーナーさんの熱い想いを伝えたい。

mantaro



■最新記事(15件)
■アクセスカウンター(PV)






    ■過去の日記

    このブログの写真及びテキストの無断使用はお断りします。
    ©2004-2017 MANTARO.net All Rights Reserved.

    【ご注意】このブログに掲載しているお店の情報はその記事を書いた時点での最新情報を可能な限り記載しています。現時点での最新情報ではありませんのでご注意ください。