クソじじい、言われて嬉しい、五十代。
グリル豆の木DSC04609-2

朝事務所で仕事して午前中は運動会の応援で真っ赤に灼けた後にランチへ。

護国神社の蚤の市もあってたけど、多くて近寄れず。

「グリル豆の木」にも外で待ってる人がいたけど、一組だったので並んでみたら、ちょうど入れ替わりのタイミングが悪くて、珍しく45分も待つことに。

7月にリニューアルして客室が2倍くらいになったんだけど、それに合わせてお客さんも増えたみたい。すばらしい。

昨日は台風予報だったのでお店やイベントが休みだったり、外出を控えた人が多かったんでしょうね。今日は完全に天気が回復。連休最終日ということで、一気に街が賑わってたのかな。

待ってる間に「グリル豆の木」の一部を借りて営業している「モロパン〜はなれ〜」でパンを購入。入店する前に、パン2個食べた。

「モロパン」さんは高宮に店舗を持つ人気ベーカリー。美味しかった〜。


パンがお好きなら
にほんブログ村 グルメブログ 九州食べ歩きへ
ポチッとお願いします!!

外から大きな窓越しに直接パンが買えます。
グリル豆の木DSC04594

数十種類のパンが並んでる。
グリル豆の木DSC04598

木曜日は「豆の木」の定休日だけど「モロパン」のみ営業。
グリル豆の木DSC04596

パン屋の窓からは「豆の木」のキッチンが見える。お店が広くなってからシェフも2人体制へ。
グリル豆の木DSC04601

ということで、順番が来たので入店。ビーフステーキを注文。まずはサラダ。
グリル豆の木DSC04604

これは、ポークジンジャーについてる空豆の冷製ポタージュスープ。
グリル豆の木DSC04605

ビーフステーキの皿が陶器に変わっていた。食後にコーヒーもついてる。グリル豆の木DSC04608

柔らかい〜〜〜。
グリル豆の木DSC04610

ランチメニューとオーナーシェフのジャックさん。でかい図体だけど優しくて可愛いよ。
グリル豆の木DSC04614

前回の写真だけど、外観はこんな感じ。
328de7ff

ということで、ごっちゃんでした!!


店名:グリル 豆の木 
住所:福岡市中央区白金2-15-17
電話:092-521-7966 
店休:木曜日 
時間:昼 11:30〜14:00(O.S.) / 夜 18:00〜23:00(O.S.) 
※「モロパン」は月・火が休み。木曜日は「モロパン」のみ営業


お肉が好きなら
にほんブログ村 グルメブログ 九州食べ歩きへ
ポチッとお願いします!!


食後に「COFFEE COUNTY FUKUOKA」でコーヒー。シュンくんとマリナちゃんが頑張ってました。
countyDSC04618

深めのドリップ。
countyDSC04617

こちらも忙しそうやったね。

ごっちゃん!!

さっ、事務所に帰って仕事しよう。



店名:COFFEE COUNTY FUKUOKA
住所:福岡市中央区高砂1-21-21
時間:11:00〜19:00
定休:水曜日

 
珈琲がお好きなら
にほんブログ村 グルメブログ 九州食べ歩きへ
ポチッとお願いします!!


【お店を検索】
■プロフィール
【名前】上野万太郎(小学生時代からのペンネーム) 【これまでの生涯】1962年8月 福岡県久留米市生まれ。京都で学生時代4年間を過ごし、就職を機に福岡市へ。一年間の飲食店訪問回数は食事と喫茶を合わせて延べ1,000回以上。「食」との出会いは「人」との出会い。
プロフィールの続き

mantaro


著書:「福岡カフェ散歩」「福岡のまいにちカレー」


「福岡のまいにちカレー」(H26年4月)
福岡で毎日カレーを食べながら48店をカメラを持ってオーナーさんをインタビュー。カレーの数だけ物語がありました。

mantaro



「福岡カフェ散歩」(H24年12月)
福岡のカフェ54店を取材。オーナーさんの熱い想いを伝えたい。

mantaro



■最新記事(15件)
■アクセスカウンター(PV)






    ■過去の日記

    このブログの写真及びテキストの無断使用はお断りします。
    ©2004-2017 MANTARO.net All Rights Reserved.

    【ご注意】このブログに掲載しているお店の情報はその記事を書いた時点での最新情報を可能な限り記載しています。現時点での最新情報ではありませんのでご注意ください。