クソじじい、言われて嬉しい、五十代。
R0026411

amazonプライムで映画『UDON』(2006年)を観たもんだから、うどんを食べたくなって。

それも、ぶっとくて歯ごたえのいいものを。

ということで、「侍.うどん」へ。

何を食べようか悩んでたら、相馬さんが「“宮本武蔵うどん”、いっとかんですか?」と薦めてくれたので、それを注文。

新発売の肉汁つけうどん、だって。珍しいね。

「なんで “宮本武蔵” って名前なんですか?」

「埼玉県のご当地うどんで『武蔵野うどん』というのがあるんですよ。先日、天神で開催されたうどん博で関東から出店されてたんですが、なかなか屋外での調理環境では納得いくものが提供出来なくて苦労されてたんです」

「へ〜。『武蔵野うどん』というのがあるんですね」

「評判はいろいろでしたけど、僕はむっちゃ気に入ったんです。それで、うちの店なりに『武蔵野うどん』を再現して作ってみたいというか、福岡の人たちに『武蔵野うどん』を紹介してみたくなって作ったんです。」

「なるほどですね〜〜。美味しかったです」

ということで、『武蔵野うどん』をサムライ相馬さん流に命名して“宮本武蔵うどん”、になったらしい。さらになるほど。

新メニュー“宮本武蔵うどん”の裏には、相馬さんらしい一つの物語がありましたね。

しっかりした太めでコシの強い麺が、ちょっと甘めの肉汁にようおうとりました。


うどんがお好きなら
にほんブログ村 グルメブログ 九州食べ歩きへ
ポチッとお願いします!!

僕は通常味の850円のものを注文したけど、辛め味(900円)もおススメらしい。
R0026393

九州味にしてるのかな、甘めのスープが肉じゃがっぽくて好きやった。
R0026417

スパイシーなミニカレーも注文。パクチーたっぷりで。
R0026419

“宮本武蔵うどん”についての説明書きを見せてもらった。
R0026422

期間限定と思うので、よかったらお早めにどうぞ。
R0026396

これ、食べながら、ふと思ったけど、先週日曜日に津屋崎の「こなみ」で食べたものを思い出した。

大阪名物の肉吸いざるうどんを注文して、ざるうどんを肉吸いにつけて美味しく食べてたんだけど、まさにそれが偶然にも『武蔵野うどん』的だったってことやね。

ご馳走様でした〜〜。



店名: 侍.うどん
住所: 福岡市博多区博多駅前4-36-20
電話: 092-483-6300


うどんがお好きなら
にほんブログ村 グルメブログ 九州食べ歩きへ
ポチッとお願いします!!

【お店を検索】
■プロフィール
【名前】上野万太郎(小学生時代からのペンネーム) 【これまでの生涯】1962年8月 福岡県久留米市生まれ。京都で学生時代4年間を過ごし、就職を機に福岡市へ。一年間の飲食店訪問回数は食事と喫茶を合わせて延べ1,000回以上。「食」との出会いは「人」との出会い。
プロフィールの続き

mantaro


著書:「福岡カフェ散歩」「福岡のまいにちカレー」


「福岡のまいにちカレー」(H26年4月)
福岡で毎日カレーを食べながら48店をカメラを持ってオーナーさんをインタビュー。カレーの数だけ物語がありました。

mantaro



「福岡カフェ散歩」(H24年12月)
福岡のカフェ54店を取材。オーナーさんの熱い想いを伝えたい。

mantaro



■最新記事(15件)
■アクセスカウンター(PV)






    ■過去の日記

    このブログの写真及びテキストの無断使用はお断りします。
    ©2004-2017 MANTARO.net All Rights Reserved.

    【ご注意】このブログに掲載しているお店の情報はその記事を書いた時点での最新情報を可能な限り記載しています。現時点での最新情報ではありませんのでご注意ください。