クソじじい、言われて嬉しい、五十代。
saccoDSC02516

西鉄高宮駅の名店街にある「イタリア食堂 SACCO」。いわゆる高架下にある商店街ですね。以前、ランチで美味しいボロネーゼを食べて以来、2回目の訪問。

正式には「un SACCO di felicita」という店名だそうで、“幸せの袋”=“たくさんの幸せ”という意味らしい。

シェフの秋元幸さん(写真左:さっちゃん)が「大好きな南イタリアのマンマ料理を食べてもらいたい!!」とフロア/ワイン担当の田上さん(写真右:たのちゃん)と2人で頑張ってます。

白い壁、高架下とは思えない高い天井、淡く温かい照明。家族でもカップルでも友達とでも明るく楽しく食事が出来る雰囲気のお店です。

ここは同じく高宮の住宅街にある“炭焼きガトー・ピレネー”の店、あの有名で大人気のfattoria da Cosimo(ダ・コジモ)」が経営している店。“炭焼きガトー・ピレネー”とは備長炭を使って手作りで焼いてるバームクーヘン。

先週は1週間お店を閉めて、オーナーやスタッフみんなでイタリアに研修旅行に行ってらしい。

カッコ良くてオシャレで高級なイタリア料理とかではなく、あくまでも南イタリアのお母さん料理を目指しているということ。

確かに食べてみると毎日でも食べられるような、それでいて家では作れないような、ホッとするようなお皿の数々。

「あ〜、イタリアの家ではお母さんがこんな料理を家族のために作ってくれてるんだろうな、きっと」と素直に思える料理でした。

ランチタイムもいろいろたくさんお得なメニューあるので、お昼にもまた行ってみよう。


イタリアン食堂がお好きなら
にほんブログ村 グルメブログ 九州食べ歩きへ
ポチッとお願いします!!

グラスワインは400円
saccoDSC02481

まずは前菜をいくつか。水牛のモッツアレラチーズと生ハム
saccoDSC02485

牛タン
saccoDSC02484

秋刀魚のマリネ
saccoDSC02489

イタリアオムレツ
saccoDSC02486

そして、パスタは、スパゲッティポモドーロ
saccoDSC02493

それと、スパゲッティボロネーゼ
saccoDSC02497

肉肉しい〜
saccoDSC02499

豚肩ロースのカツレツにミニトマトトッピング
saccoDSC02505

パンと自家製フォカッチャ
saccoDSC02498

本日のドルチェ
saccoDSC02506

アメリカーノ
saccoDSC02510

全部、美味しゅうございました。

ご馳走様でした〜。



店名:イタリア食堂 SACCO(サッコ)
住所:福岡市南区大楠3-20-18
電話:092-523-3525
時間:11:30〜14:30 / 17:30〜21:30
店休:月曜日(祝日営業の時は変更あり)



イタリアンがお好きなら
にほんブログ村 グルメブログ 九州食べ歩きへ
ポチッとお願いします!!


【お店を検索】
■プロフィール
【名前】上野万太郎(小学生時代からのペンネーム) 【これまでの生涯】1962年8月 福岡県久留米市生まれ。京都で学生時代4年間を過ごし、就職を機に福岡市へ。一年間の飲食店訪問回数は食事と喫茶を合わせて延べ1,000回以上。「食」との出会いは「人」との出会い。
プロフィールの続き

mantaro


著書:「福岡カフェ散歩」「福岡のまいにちカレー」


「福岡のまいにちカレー」(H26年4月)
福岡で毎日カレーを食べながら48店をカメラを持ってオーナーさんをインタビュー。カレーの数だけ物語がありました。

mantaro



「福岡カフェ散歩」(H24年12月)
福岡のカフェ54店を取材。オーナーさんの熱い想いを伝えたい。

mantaro



■最新記事(15件)
■アクセスカウンター(PV)






    ■過去の日記

    このブログの写真及びテキストの無断使用はお断りします。
    ©2004-2017 MANTARO.net All Rights Reserved.

    【ご注意】このブログに掲載しているお店の情報はその記事を書いた時点での最新情報を可能な限り記載しています。現時点での最新情報ではありませんのでご注意ください。