クソじじい、言われて嬉しい、五十代。
ビストロタカギR0024723

先週末に行って、すごくお気に入りになったbisとろタカギへ今週も。

オープンキッチンを三方から取り囲んだカウンターに20数席。そこを2人で回すという画期的なレイアウト。

今日もテキパキとさばける仕事ぶりの女性お二人をのんびり見ているだけでも楽しかった。

確かにね、ここにテーブルが1つでも2つでもあったら、もう一人スタッフが要るんやろうなぁと。


前回、美味しい料理を段取り良くテキパキと提供してくれることに感心したけど、その代わりといっちゃーなんやけど、愛想は期待したらいけない、って言ってたら、今回は最初から笑顔をふりまいていただいた(爆)

余裕がある時は常連さんと楽しい会話もされてる高木シェフですが、そこは余裕がある時だけで、ピークタイムはそんな余裕がないのは当然でしょうね。

それにしても一皿食べ終わるタイミングを見ながら料理を作りだして、ちょうど良いタイミングで次の皿を提供してくれる。これもこのカウンターレイアウトのなせる技やろね。

いや〜、気持ちいい。


ビストロがお好きなら
にほんブログ村 グルメブログ 九州食べ歩きへ
ポチッとお願いします!!

自家製の生ハム
ビストロタカギR0024692

砂肝とパクチーのサラダ、パクパク。他にパクチーと野菜のポタージュっぽいスープもあり、最後に食べたパクチーがのったオイルパスタもそうだけど、パクチーメニューもちらほらあり。
ビストロタカギR0024693

鯖の燻製のソテー
63326bfe

自家製ソーセージ3種(ハーブ、チョリソー、スモーク)。チョリソーはチョイ辛そう。
ビストロタカギR0024719

ブイヤベース。最後の一滴までバゲットに吸わせて食べたい感じ。
ビストロタカギR0024731

〆にパクチーのオイルパスタ。太めの乾麺のアルデンテ。
ビストロタカギR0024750

明るい店内。バーなどはなく、食事メインのお店はこのくらい明るいほうが好きだな。週末は女性客多めだけど平日はスーツ姿の男性客も多いらしい。
ビストロタカギR0024739

「万太郎さんのブログに出てた『カレーの壺(Curry Cafe TSUBO)』のイクコちゃんは、20年前くらいに一緒に仕事しててお友達なんですよ。お母様と一緒にも時々来てくれますが、確かに、イクコちゃんとお母様はそっくりですよねw」

ホント、似てるよね。

ということで、今日も本当にご馳走様でした。



店名:bisとろタカギ(ビストロ タカギ)
住所:福岡市中央区赤坂1丁目3-6 コオリナヴィラ赤坂 201号室
電話:092-732-3570 
店休:月曜日
時間:17:00〜24:00(L.O.23:00/ご予約にて15:00より営業)


ビストロがお好きなら
にほんブログ村 グルメブログ 九州食べ歩きへ
ポチッとお願いします!!
【お店を検索】
■プロフィール
【名前】上野万太郎(小学生時代からのペンネーム) 【これまでの生涯】1962年8月 福岡県久留米市生まれ。京都で学生時代4年間を過ごし、就職を機に福岡市へ。一年間の飲食店訪問回数は食事と喫茶を合わせて延べ1,000回以上。「食」との出会いは「人」との出会い。
プロフィールの続き

mantaro


著書:「福岡カフェ散歩」「福岡のまいにちカレー」


「福岡のまいにちカレー」(H26年4月)
福岡で毎日カレーを食べながら48店をカメラを持ってオーナーさんをインタビュー。カレーの数だけ物語がありました。

mantaro



「福岡カフェ散歩」(H24年12月)
福岡のカフェ54店を取材。オーナーさんの熱い想いを伝えたい。

mantaro



■最新記事(15件)
■アクセスカウンター(PV)






    ■過去の日記

    このブログの写真及びテキストの無断使用はお断りします。
    ©2004-2017 MANTARO.net All Rights Reserved.

    【ご注意】このブログに掲載しているお店の情報はその記事を書いた時点での最新情報を可能な限り記載しています。現時点での最新情報ではありませんのでご注意ください。