クソじじい、言われて嬉しい、五十代。
文治郎R0016461

午前中は「路地裏カレーTiki」で今年最初のトシさんカレーをいただいて、その足で「STEREO COFFEE」《シティ情報ふくおか》創刊40周年記念 バックナンバー展を見て、会社へ。

夕方、仕事終わって、篠栗町「喫茶陶花」まで足を伸ばして、村山健吾店主の淹れてくれた珈琲を飲む。

昨夜行った「清川SALON」のママさんとはお友達らしく、過去に健吾店主など地元の有志で主催していた『篠栗カレーフェスティバル』にもママさんが店を出してたらしい。

だからか、昨夜、「清川SALON」のママさんが「どっかでお会いしましたよね?」と3回くらい聞いてこられてた。僕は「初めてのはずですよ」と答えてたけど、きっとお会いしてたんやろうね。

そんな時間を過ごしていたら蕎麦が食べたくなって、夜は、同じ篠栗町だけど、反対側の山の若杉山にある「蕎麦文治郎」へ。

若杉山の中腹にある「蕎麦文治郎」と「茶房わらび野」。開店してもう6年にもなるんだって。数年前は友達と数人でなにかある度に出かけていたので懐かしいお店。

「十一」「池田商店」「海物山物」「博多水炊きかつえ」「山水水出珈琲店」なども経営するわらび野グループのお店。

19時閉店なので、電話して18:30に入店。

ちょっと贅沢な蕎麦ですが、19時には食べ終わって店を出るという相変わらずの早食い。


蕎麦がお好きなら
にほんブログ村 グルメブログ 九州食べ歩きへ
ポチッとお願いします!!

薬味
文治郎R0016438

天ぷら盛り合わせ。蒸しアワビ、イノシシベーコン、小蕪、干し柿、マコモダケなど。
文治郎R0016439

押し焼き鯖寿司
文治郎R0016444

ざる蕎麦。歯ごたえと香りがいいね。
文治郎R0016455

鴨蕎麦。スープは甘め。こんにゃく寿司も一緒に。
文治郎R0016456

食後には隣の茶房わらび野で夜景を見ながら珈琲なんておススメです。今日はすぐ帰りましたけど。

そんな感じでごっちゃんでした。



店名:蕎麦 文治郎
住所:福岡県糟屋郡篠栗町大字若杉20−1
電話:092-948-6565


蕎麦がお好きなら
にほんブログ村 グルメブログ 九州食べ歩きへ
ポチッとお願いします!!

【お店を検索】
■プロフィール
【名前】上野万太郎(小学生時代からのペンネーム) 【これまでの生涯】1962年8月 福岡県久留米市生まれ。京都で学生時代4年間を過ごし、就職を機に福岡市へ。一年間の飲食店訪問回数は食事と喫茶を合わせて延べ1,000回以上。「食」との出会いは「人」との出会い。
プロフィールのページ

mantaro


著書:「福岡カフェ散歩」「福岡のまいにちカレー」


「福岡のまいにちカレー」(H26年4月)
福岡で毎日カレーを食べながら48店をカメラを持ってオーナーさんをインタビュー。カレーの数だけ物語がありました。

mantaro



「福岡カフェ散歩」(H24年12月)
福岡のカフェ54店を取材。オーナーさんの熱い想いを伝えたい。

mantaro



■最新記事(15件)
■アクセスカウンター(PV)






    ■過去の日記

    このブログの写真及びテキストの無断使用はお断りします。
    ©2004-2017 MANTARO.net All Rights Reserved.

    【ご注意】このブログに掲載しているお店の情報はその記事を書いた時点での最新情報を可能な限り記載しています。現時点での最新情報ではありませんのでご注意ください。