クソじじい、言われて嬉しい、五十代。

福岡空港

24.2mm(35mm換算:41mm相当)F14  15秒開放 ISO200 RAW撮影

まあ、ただそれだけなんやけど。写真はクリックして大きくして見てね。



SIGMA(シグマ)って何?」って聞かれることがあります。

シグマっていうカメラのメーカーがあるんですよ。キャノンでもニコンでもオリンパスでもソニーでもリコーでもペンタックスでもなくて、シグマってメーカーがあるんですよ。

一般的には有名ではないんだけど、まあカメラが好きな人の中ではレンズが有名かもしれない。そのシグマはカメラも作ってるのです。

そのカメラが特徴的なのは、他のメーカーとは全然違う「Foveon X3」というイメージセンサー(撮像素子)を使ってるのよ。(詳しくは、Wikipediaを見てね

その独自路線の開発方針がなんとなく面白くて興味がわいたわけ。でも最新型の「DP2 Merrill」は高かったので、型遅れで生産終了品の「DP2s」を買ったのでした。

普通に使うにはちょっと難しいけど、上手く撮れた時の写真の色合いがなんとも言えない深みのある荘厳な雰囲気をもってる。というか、持ってるらしい(笑)。まだそこまで使いこなしていないから分からんけど。

普段、料理を撮影するのに使ってるSONY NEX-5はとても使い易いカメラだと思う。暗さにも強いし、夜の店内で写真を撮ることが多い僕はとても重宝している。ボディは小さいのに、撮像素子はAPS-Cという普通のデカくて黒い一眼レフと同じサイズを使っているので絵もきれい。逆に言えば、クリアすぎるというか、デジタルっぽくなるのは否めない。

そこへ行くとこのSIGMAはアナログっぽい暖かみのある写真が撮れる様な気がする。洋食ばかり食べていたら、和食も食べてみたくなったってことでしょうか。タイミングが合えば暖かみのある風景写真や人物写真や建物の写真などもちょこちょこ撮ってみたいな、と思う今日この頃。

って感じなのです。
【お店を検索】
■プロフィール
【名前】上野万太郎(小学生時代からのペンネーム) 【これまでの生涯】1962年8月 福岡県久留米市生まれ。京都で学生時代4年間を過ごし、就職を機に福岡市へ。一年間の飲食店訪問回数は食事と喫茶を合わせて延べ1,000回以上。「食」との出会いは「人」との出会い。
プロフィールのページ

mantaro


著書:「福岡カフェ散歩」「福岡のまいにちカレー」


「福岡のまいにちカレー」(H26年4月)
福岡で毎日カレーを食べながら48店をカメラを持ってオーナーさんをインタビュー。カレーの数だけ物語がありました。

mantaro



「福岡カフェ散歩」(H24年12月)
福岡のカフェ54店を取材。オーナーさんの熱い想いを伝えたい。

mantaro



■最新記事(15件)
■アクセスカウンター(PV)






    ■過去の日記

    このブログの写真及びテキストの無断使用はお断りします。
    ©2004-2017 MANTARO.net All Rights Reserved.

    【ご注意】このブログに掲載しているお店の情報はその記事を書いた時点での最新情報を可能な限り記載しています。現時点での最新情報ではありませんのでご注意ください。