クソじじい、言われて嬉しい、五十代。

空そら


もう何度もご紹介してるので多くは語りませんが、まあ都城市では飛び抜けてオシャレで美味しいレストランだと思う。


いつも最初に出て来るのはスープなんですが、今日は甘酒でした。もちろんアルコールなし。砂糖も入ってないって言われたような気がするけど、これなんなん?飲む限り普通に米の甘さが際立つまさに甘酒だったけど。

スープの代わりに甘酒を出すっていう発想が西頭(さいとう)店主の憎らしさ(笑)

空そら


そしていつも通り使われている野菜の種類の多いこと。左下にあるカボスみたいに見えるのは「へべす」(平兵衛酢)と言われる日向特産の柑橘。西頭店主が、カボスやスダチより香りやジューシーさが好きらしい。とんかつソースに付ける前に塩とへべすで食べてみて、ということだった。

空そら


デザートは黒糖のチーズケーキ。また美味いこと。

空そら


部屋はちょっと暗いけど光の入り具合が気持ちいいのよね。

空そら


かき氷の機械をやっと見つけたらしいが、納品されたのが8月だったということで、本格的にかき氷がお目見えするのは来年ですね。

空そら


はい、壊れそうな一軒家です(笑)たまに雨漏りもするらしいが、それも乙なもので。

空そら


西頭店主と会ったのは、この前に西頭店主が福岡に来て、「カレーショップ ドゥニヤ」と「ワイン食堂プルポ」に一緒に行って以来。

「福岡に今度行ったら美松コーヒーに連れてって〜!」と頼まれた。

もっとゆったりしたスペースで食事してもらうために、カウンターや部屋の増築を計画中。そして現在はレストランメインですが、カフェ化も計画中らしい。それで、美松か(笑)




店名:フードギャラリー 空そら  [ 食べログ ]
住所:宮崎県都城市大岩田町5368−1
電話:0986-39-3477


カフェレストランがお好きなら
にほんブログ村 グルメブログ 九州食べ歩きへ
押してもらえたらありがたい。
【お店を検索】
■プロフィール
【名前】上野万太郎(小学生時代からのペンネーム) 【これまでの生涯】1962年8月 福岡県久留米市生まれ。京都で学生時代4年間を過ごし、就職を機に福岡市へ。一年間の飲食店訪問回数は食事と喫茶を合わせて延べ1,000回以上。「食」との出会いは「人」との出会い。
プロフィールの続き

mantaro


著書:「福岡カフェ散歩」「福岡のまいにちカレー」


「福岡のまいにちカレー」(H26年4月)
福岡で毎日カレーを食べながら48店をカメラを持ってオーナーさんをインタビュー。カレーの数だけ物語がありました。

mantaro



「福岡カフェ散歩」(H24年12月)
福岡のカフェ54店を取材。オーナーさんの熱い想いを伝えたい。

mantaro



■最新記事(15件)
■アクセスカウンター(PV)






    ■過去の日記

    このブログの写真及びテキストの無断使用はお断りします。
    ©2004-2017 MANTARO.net All Rights Reserved.

    【ご注意】このブログに掲載しているお店の情報はその記事を書いた時点での最新情報を可能な限り記載しています。現時点での最新情報ではありませんのでご注意ください。