クソじじい、言われて嬉しい、五十代。

araitakehito

久しぶりに新井武人くんの演奏を聴きたくて、警固のイルソルレヴァンテへパスタを食べに行きました。この店の4周年記念として、本日7月7日から11日まで毎日新井くんがアコーディオンの生演奏をやってるんです。

今日は、ソプラノ歌手の松竹玲奈さんも彼の演奏で歌っておられました。小柄で華奢に見える彼女から発せられるパンチの効いた高音の歌声はびっくり感動ものでした。

演奏の合間に新井くんと最近の活動状況や福岡でのアコーディオン音楽事情などについていろいろ話をしました。アコーディオンと言えばみなさんご存知の方も多いと思いますが、「cobaさん」ですよね。
cobaさんとは同じステージに立ったこともある新井くんですが、いつの日か、といっても近い将来にcobaさんを福岡に呼んでアコーディオンのイベントをやりたいらしい。

芸能人、歌手、俳優、コメディアン、画家、作家と言ってもテレビや映画や画壇、文壇で活躍している人から、地道にお店やイベントや劇場などの舞台に立ったり自主制作などで頑張っている人まで千差万別。

最近、そういう地道にその世界で頑張っている若い人に出会うことが多いが、そうすると意外にそういう人達が多いことを知らされます。

福岡市はそういう文化的素養が作られ易い環境にあるんではなかろうか。東京と比較したら身もふたもないが、地方都市の割には結構身近なところでそういう公演や作品にふれるチャンスがあります。

飲食店と芸術活動は非常に近い友好的な関係として、その発表の場としてもコラボし易い状況です。飲食店は、ミュージシャンの人達が演奏をしたり、絵や本や陶芸品を展示販売する場としても利用されています。

僕の行きつけの店でも、ハチミツボタンは定期的にミュージシャンのライブを開催しています。カレーショップドゥニヤも陶芸品の展示販売を行っており、今月27日には店内初ライブを開催します。Readcafeは、自社が出版している本を買ったり読んだりできるようにしています。

大好きなカフェなどの食文化を応援するのと同じく、福岡地元の芸術活動の底上げに関してもっとみんなで盛り上げて行こうじゃないかと思う訳です。


店名:イルソルレヴァンテ
住所:福岡市中央区警固2−14−1
電話:092-4713-6888
HP:http://www.tenkumaru.com/sl/
【お店を検索】
■プロフィール
【名前】上野万太郎(小学生時代からのペンネーム) 【これまでの生涯】1962年8月 福岡県久留米市生まれ。京都で学生時代4年間を過ごし、就職を機に福岡市へ。一年間の飲食店訪問回数は食事と喫茶を合わせて延べ1,000回以上。「食」との出会いは「人」との出会い。
プロフィールの続き

mantaro


著書:「福岡カフェ散歩」「福岡のまいにちカレー」


「福岡のまいにちカレー」(H26年4月)
福岡で毎日カレーを食べながら48店をカメラを持ってオーナーさんをインタビュー。カレーの数だけ物語がありました。

mantaro



「福岡カフェ散歩」(H24年12月)
福岡のカフェ54店を取材。オーナーさんの熱い想いを伝えたい。

mantaro



■最新記事(15件)
■アクセスカウンター(PV)






    ■過去の日記

    このブログの写真及びテキストの無断使用はお断りします。
    ©2004-2017 MANTARO.net All Rights Reserved.

    【ご注意】このブログに掲載しているお店の情報はその記事を書いた時点での最新情報を可能な限り記載しています。現時点での最新情報ではありませんのでご注意ください。