クソじじい、言われて嬉しい、五十代。
日刊スポーツ.comより引用させて頂きました。

ロッテ初芝激走!引退延長/プレーオフ
<プレーオフ第2S:ロッテ3−2ソフトバンク>
◇第5戦◇17日◇福岡ドーム

 現役はまだ続く。ロッテ逆転の突破口を開いたのは、今季限りで引退する代打初芝の激走だった。

 1点を追う8回先頭で代打で登場。左腕三瀬にタイミングが合わない。「やっちゃった〜」と後悔した打球はボテボテのゴロで三遊間に転がる。悠々アウトのタイミングだったが、全力疾走すれば奇跡が起こる。ソフトバンクの三遊間バティスタと川崎が激突。内野安打となったが、同点のランナーに代走はなかった。総力戦のロッテベンチに交代する内野手は残っていなかった。

 続く福浦の打球はライナーでライト前に弾んだ。バウンドを確認してスタートすると、際どいタイミングで二塁に滑り込んだ。1死後、里崎の二塁打で同点のホームを踏み、続いて逆転のホームに帰ってきた福浦と抱き合った。

 ロッテ一筋17年で初めて味わう優勝だった。歓喜の瞬間は三塁の守備位置で迎えた。飛び出してきたバレンタイン監督に誰より最初に抱き付いた。「まさか、優勝の瞬間に守ってるとはね。2イニングだけだったけど、疲れたなあ〜」。

 9月22日の引退セレモニーで誓ったことがあった。「プレーオフ、シリーズを制す最後の夢が実現した後、バットを置きたい」。最後の夢へ、もう少しだけ、走り続けるチャンスを得た。【久我悟】

[2005/10/18/07:54 紙面から]

確かに、福浦のヒットで1塁から2塁への走塁はドタドタしてて危なかったです。
回りで応援していたロッテファンからも「初芝あぶねえ〜」って親しみのある笑いが出ていました。
その直後、ピッチャー交代して時間があいた間、彼は2塁ベースの横でストレッチしたり、汗を拭いたり落ち着かない様子でした。その間に3塁コーチャーのところに行ってなにやら話をしてました。きっと「代走は出さないんですか?」と言って交代をお願いしようとよ、なんて勝手にこちらで話をしてました。やっぱり交代したかったんやなあ。
それにしても引退に向けての良い花道になりましたねえ。
よかったよかった。

記事検索
■プロフィール
上野万太郎/「食」との出会いは「人」との出会い。食べたいより会いたい。カレーが好きなのは、カレーが好きだからではない。
詳しくは、勝手にWikipediaのページへ

mantaro

illustration by kaede




著書:「福岡カフェ散歩」「福岡のまいにちカレー」

「福岡のまいにちカレー」(2014年4月)
福岡で毎日カレーを食べながら48店をカメラを持ってオーナーさんをインタビュー。カレーの数だけ物語がありました。

mantaro



「福岡カフェ散歩」(2012年12月)
福岡のカフェ54店を取材。オーナーさんの熱い想いを伝えたい。

mantaro



■『カレバカラジオ』放送中!!
■最新記事(15件)
■アクセスカウンター(PV)

    ■このBlogで最近使用しているカメラ






    ■過去の日記

    このブログの写真及びテキストの無断使用はお断りします。
    ©2004-2020 MANTARO.net All Rights Reserved.

    【ご注意】このブログに掲載しているお店の情報はその記事を書いた時点での最新情報を可能な限り記載しています。現時点での最新情報ではありませんのでご注意ください。



    読者登録
    LINE読者登録QRコード